BREAKING NEWS

白いパンより茶色いパン、グラノーラよりもミューズリを。


美肌を作るのは茶色の食べ物


日本では精製された白米でなく、美容や健康のために
玄米や雑穀を選ぶ人が増えているけれど、
パンやシリアルなどには、まだその考え方は浸透していないように感じます。

日本のパン作りのサイトを見ていて人気があるのは「真っ白」で「ふわふわ」なパン。
西洋圏ではその逆、「茶色で」「みっしり」なパンが主流となってきています。
小学校~高校の学食も、白いパンから茶色のパンにシフト中です。

茶色のパンは全粒粉をメインにライ麦、オート麦、ごま、
亜麻の実、ふすまなどを加えたもの。
私はパンを焼くときここにおからも入れてしまいます。
良さそうなものは手当たり次第なんでもって感じで(笑)

これらの材料で作るパンは、精製された小麦粉を使った白いパンよりも
繊維質やビタミンなどが多く含まれているし、腹持ちも良いのです。
どうせ同じ位のカロリー取るなら、
体にいい栄養がたっぷり詰まった方を食べましょうよ、ってことですね。

そしてバターの代わりに、ハムス(ひよこ豆をすりつぶしたディップ)や
ペーストにしたアボカドなどを使って、さらに摂取栄養分のアップを狙います。

同じく朝食として人気のシリアルですが、
こちらのHealthy Geek(健康オタク・笑)にはミューズリが主流です。

オート麦をメインにふすま(オートブラン)、ココナツシュレッド、
種子類(ひまわりの種やカボチャの種、ナッツ類、ゴマ、亜麻の実)、
そしてドライフルーツを混ぜ込んだ、かなり噛みでのあるシリアルです。

日本で大人気のグラノーラは、このミューズリに植物性油脂やはちみつ、
糖類、シロップなどを添加してオーブンで焼いたもの。
余分な糖分が加えられる分、ヘルシーさでミューズリに負けるのです。

『カロリー』という観点からだけみると、ナッツやドライフルーツが入る分
ちょっと高いと思いますが、『必要な栄養素の摂取」と考えるとかなり優秀。
 健康的にキレイにやせるためには、栄養素の摂取はとても大切なことだと思うのです。

自分の好きなものをチョイスして、手軽に作れちゃうのもミューズリの魅力のひとつ。
オート麦とふすまを入れてオーブンで10分、ナッツを入れて更に10分。
そしてオーブンから出して冷めたらドライフルーツを加えて出来上がり♪ 

アトピー爆発してから、市販されているお手軽なものが買えなくなってきました。
糖分や油脂が多すぎるのです。

大変なことですが、食事から始める健康への第一歩は
「自分で作る」ことのようです……
日本にいたら、料理嫌いな私はきっと無理だなぁ。
作らなくても売ってるんだもの(^^;



+++++++

日本ではあまりみかけない、
肌に美味しいレシピも公開しています。
メルマガ講座の登録はこちらからどうぞ

>> 「ケミカルフリーシンプルスキンケア道場」<<



Image courtesy of Piyato Photo. at FreeDigitalPhotos.net  

シェアお願いします 

 
Back To Top
Copyright © 2014 ナチュラル美人のつくりかた. Designed by OddThemes