大人アトピー完治への理想の3ステップ。減ステ→卒ステ→脱ステ





大人アトピー、ステロイドによるコントロール中




「すべらか」で「しっとり」した肌が帰ってきました!
そして更に嬉しい事に、消失した眉毛も帰ってきました(笑)

アトピー大爆発、脱ステ決行から苦節4ヶ月、
ホメオパシーは私には効果ナシだったと言わざるを得ません(^^;

何をしているかと言うと、
結局ステロイドを使っています。

ここ10日程はステロイドを二日に一度朝晩、
そして効いてるのか疑問に思いつつもダーマウィートスプレー
毎日夜しゅしゅしゅっと。

実はこのダーマウィートスプレー、
一ヶ月程使っても、何の効果も感じなかったのです(^^;

そこでこのスプレーの開発者であるDrクリスに
メールで尋ねてみたら丁寧な返事を頂きました……
その後彼を信じて使い続けています(笑)



 「減ステ→卒ステ」挑戦!


ステロイドは一ヶ月使い続けたら、依存肌になる

ヒドロコルチゾン1%、
山内製薬ヨーロッパ製のレムニスクリームを
朝一回二日に一度、
多い時で朝晩二回、二日に一度と少ない使用量ではあるのですが
私ももうすっかりステロイド依存肌。

急に使用を止めると、確実にリバウンドがくるのです。

そこでいきなり使用を止める「脱ステ」はリスクが高すぎるので
「減ステ→卒ステ」に挑戦中です。

長期戦でステロイドを徐々に減らしていきつつ、
同時に肌を強くしていくしかないことに、
遅まきながら気づいたのです。


ステロイドをワセリンと混ぜ合わせて、
最初はステロイド8:ワセリン2、
慣れて来たら7:3、そして6:4……

という方法を見かけたので、私も自己流ながらやってみることに。

ただ石油原料から作られるワセリンは使いたくないので
トゥイバーム(ミツロウベースのバーム)と、
レムニス6:トゥイ4程の割合で混ぜてみました

2015年8月追記:

この当時は石油原料=悪という
所謂「怖がらせ商法」に乗せられていましたが
今では石油原料のワセリンが悪いとはまったく考えていません。

ワセリンは今現在入手できる保湿剤の中で
一番高い保湿力を持つとされていますし、
アレルゲンでもありません。

むしろミツロウやその他植物原料を含むバームの方が
荒れた肌には刺激になる可能性もあると、今は考えています。


さて、今は二日に一度、朝レムニスクリーム、
夜レムニストゥイクリーム6:4を使用しています。

これから様子を見ながら徐々にレムニスの割合を減らして……
最後には卒ステ、そして立派に脱ステするぞ!!


+++++++++


実録!大人アトピー完治までの道のり 
→ 全章はこちら ←

















メルマガ講座の登録はこちらからどうぞ★
 >> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<


Image by posterize at FreeDigitalPhotos.net
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.