石けん、うるおす泡の矛盾・肌を乾燥させずに洗う方法

以前から常々考えてはいたのです。 世の中に 「肌をうるおす石けん=(泡)」なんてものは、存在するのだろうか?と。






石けんとはその性質上、油脂を落とすもの。『うるおいを与える』とは正反対の行為なのですから。

私のナチュラルスキンケアのバイブル、about faceにこんな記述がありました。

例えすべて自然由来成分で作ったナチュラルな手作り石けんでも、
ニュートラルなpHを得ることはできません。石けん成分はアルカリ性が強いので、どうしても肌の自然なオイルや保護バリアを洗い流してしまうのです。

石けんとは「汚れや、必要・不必要に関わらず皮脂などを洗い流すもの」であり「うるおいを与える」性質のものではないのです 

私も以前、一度だけ洗顔用の手作り石けんを使ってみたことがあります。それは「洗顔用」に作られたものでもちろん手作りの肌にやさしい、うるおいたっぷり!と言われるものでした。これを洗顔ネットで泡立てて、フワフワもちもちの泡を作って洗顔……

突っ張る。そして乾く(- -;)

この時です。
石けん成分にうるおいを求めるのは、矛盾があるんじゃなかろうか」と思ったのは。

石けんを使う

うるおいがなくなる

他のアイテムを使ってうるおい補充する

……これって肌に余計な負担をかけているのでは??それ以来「泡のたつもの」を避けています。


肌の防御バリア、アシッドマントル


「アシッドマントル」とは皮脂と汗が混ざったもので、肌のpH値を望ましいレベル(5.5~6.5)に保ってくれています。アシッドマントルは言わば皮膚の「自己防衛バリア」。ニキビや湿疹などのトラブルのもととなるバクテリアなどの繁殖を防いでくれますし、逆にこれが弱まるとくすみやザラつき、吹き出物などトラブルが起こりやすくなります。

そしてこのアシッドマントル、石けん成分で洗顔することで落ちてしまうのです。

洗顔後に肌の突っ張り感があったり、洗顔後すぐに保湿しないといられない場合、このアシッドマントルを不必要に落としすぎているわけです。

ほら~ やっぱり「石けんなし洗顔」、理に適っている!(笑)

そしてこの大切なアシッドマントルを壊す事なく、きれいに汚れを落とし、抗酸化力なんかも与えつつ自然にスクラブもできちゃう洗顔をご紹介しますね。


オイルクレンジングとコンプレス洗顔


洗顔、クレンジングは基本的にオイルです。
オイル洗顔さえも面倒くさい時には(爆)和紡布をたっぷりのぬるま湯で濡らして,顔をぬぐう。リラックスしたいときには精油をプラスしてコンプレス洗顔

アロマテラピーにおける「コンプレス」とは湿布を意味しますが、この場合はたっぷりと濡らしたタオルで肌を「押さえる」こと。肌が元来持つ保護膜、アシッドマントルを落としすぎず、またターンオーバー機能の邪魔をせず、やさしく角質や汚れを落とすことができます。


コンプレス洗顔をボディにも

コンプレス洗顔法、もちろんボディにも応用可能です

顔や身体の汚れの正体は(メイクを除けば)垢、ほこり、汗による塩分、空気中の微粒子、そして角質です。垢、ほこり、汗による塩分は水やぬるま湯で十分落とせますし、空気中の微粒子は角質層がしっかりしていれば体内に入り込むことはありません。

また「まだ剥がれ落ちない」角質は汚れとは言えないのです。

ですから「肌に汚れが溜まってトラブルの元になる」ことよりも「石けんによる皮脂の落としすぎ」の方が危険度は高いのです。

お湯を数人で使い回さない外国式のお風呂であればお湯をはった湯船に精油をポタポタと落とし、お風呂の中で、体を和紡布を使ってやさしくこすります。日本のお風呂ではこの方法は使えませんので(^^;洗面器のお湯に精油を落とし、洗い場でからだをこすりましょう。


赤ちゃん、子供、アトピーにもおすすめ

この方法、生後3ヶ月以降の乳幼児から大人のアトピーにもおすすめです。石けんやボディウォッシュは汚れだけなく、大切な皮脂バリアまで落としてしまいますが和紡布+精油の組み合わせは逆に皮脂バリアの生産を促してくれるのです。

また気分の高まりを鎮めて眠りに導く精油を使うことで夜の眠りも深くなります。


石けんなし生活、おすすめです

もちろん生活環境や仕事、スキンタイプにも寄りますが、石けんなし生活にしてから、肌の乾燥は確実によくなりました。「汚れを落とすのは石けん成分でないと……」との思い込みは、企業のマーケティング戦略に洗脳されているような気がします。

以前あるお客様から「ひどい乾燥なんです」とのお問い合わせを頂きました。出過ぎたマネかしら……と思いつつ「石けんなし生活」をお勧めし、早速実践されたところ、すぐに乾燥がマシになり、肌本来のバリア機能が戻って来たとか。

石けんなし生活、おすすめです。



↓ 和紡布だけでメイクを落とすのは正直キツいですが(^^;
顔にもボディにも使えて、固くなったら洗剤いらずの食器洗いや
窓も拭けてしまう…… 最後の最後まで使い倒せる優秀アイテムです







Originally written on 14/12/2007

Image courtesy of Africa Photo at FreeDigitalPhotos.net 
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.