美しさって

オードリー・ヘップバーンが愛した詩



久々に心に響く言葉に出会ったように思います。

アメリカの作家であり、
TVプレゼンターでもあったSam Levensonが孫娘に宛てた
「女性の美しさ」についての詩。
オードリー・ヘップバーンが愛した詩としても有名なものです。


歴史が証明する美しさの秘密
Time Tested Beauty Tips - by Sam Levenson

魅力的なくちびるを手に入れるには、
やさしい言葉を話すこと

ラブリーな目を作るには、
他の人のいいところを探すこと

スリムな身体になるためには、
おなかを空かせた人に食べ物を分けてあげること

きれいな髪を保つには、
一日一度、子供達に髪を触ってもらうこと

立振舞を美しくするなら、
これまでに得た知識や経験を生かすこと

何も知らないまま、一人きりで歩いて行くことは決してないのだから

人は物よりもはるかに多くこの世界に存在する

回復させて、新しくして、生き生きとよみがえらせて、
元の姿に戻して、その努力に見合った報いを与えてあげなくちゃいけない

誰一人として見捨ててはいけないんだよ

忘れないで

もしも助けの手が必要なら
その手は君のもう片方の腕についていることを

そして大人になったとき
君の手は二つあることに気がつくだろう

片方は自分自身のため
そしてもう片方は誰か他のひとを助けるためのもの

女性の美しさは服の中にあるわけでも
スタイルの良さでもなく
髪を梳く優美な姿にあるわけでもない

女性の美しさは目に現れる
なぜなら目は彼女の心、愛のある場所をうつしているから

本当の女性の美しさは魂を映している

それは彼女が与える思いやりの心であり、彼女が見せる情熱なんだ

そして女性の美しさとは、月日を重ねなくては育たないもの


私の超訳なのでアレですけど(笑)


Image by panuruangjan at FreeDigitalPhotos.net
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.