大人アトピー完治!【ナチュロパシー編/アトピー治療に必要なサプリとは】






 アトピー完治を目指す!からだに必要なサプリとは




食事方法のアドバイスと一緒に、
「アトピー治療のためにこれを摂ったらいいよ」と言う
サプリや日常生活のアドバイスを受けました。

私が提案されたのは:

【朝】
  • 起きてすぐアップルサイダービネガー(リンゴ酢)のお湯割りを一杯
  • 朝食(ハーブティのみでもよし)最低15分前に免疫強化ティンクチャ
  • 朝食(ハーブティのみでもよし)の後にサプリ(セレニウム/亜鉛/女性用マルチビタミン/魚油)

* オメガ3摂取のためになぜ亜麻仁油ではなく
魚油なのかはこちらのエントリーをどうぞ。

→アマニ(亜麻仁)油以上!吸収効率のいいオメガ3系オイルとは


【昼】
  • 昼食最低15分前に免疫強化ティンクチャ

【夜】
  • 夕食前にアップルサイダービネガー(リンゴ酢)のお湯割りを一杯
  • 夕食最低15分前に免疫強化ティンクチャ
  • 夕食中に消化酵素サプリ
  • 夕食後に魚油

【就寝前】
  • プロバイオティクスサプリ

それとお風呂に入る前のボディブラッシュ
これはこちらではマスト行動のようで、
どの美容指南書を読んでも載っています。

お風呂に入る前に乾いたボディブラシなどで円を描くように、
心臓に向かって全身を軽くこする……というものです。
こうすることで血行がよくなり、同時に古い角質を落とすということらしい。

更に一日15分の散歩(血流、そしてストレス対策)、
飲み物にマヌカハニーを入れて飲む(咳対策)……など。



プロバイオティクスはアトピー改善に効果があるのか?


完治を目指してのポイントは、やはり「消化」。
プロバイオティクスサプリで腸内環境を整えて
消化酵素で消化を促すことだそうで。

プロバイオティクスとは簡単に言うと、
ヒトのからだに役立つ細菌のこと。

腸内フローラのバランスを改善し、
カラダによい作用をもたらす生きた微生物で
 よく知られるプロバイオティクスには
乳酸菌やビフィズス菌があります。

乳酸菌やビフィズス菌が、おなかにいいと言うことは
誰でも知っていることだと思います。

この「おなかにいい」は「からだにいい」訳で
プロバイオティクスは腸の中でこんな働きをしてくれているのです。

  1. 腸内細菌叢(フローラ)によい影響を与える
  2. 腸内感染を防ぐ
  3. 免疫のはたらきを調整する
  4. がんを予防
  5. アレルギーの予防に役立つ
  6. 炎症性大腸炎の予防に役立つ
  7. 動脈硬化の予防に役立つ

逆に言えば、プロバイオティクスが足りていないと
腸内環境が悪化し、体に悪影響がでるのです。

アトピーやアレルギー性疾患の予防にも効果があるとされています。


 参考:「プロバイオティクスって何?」大塚製薬



アトピー改善に亜鉛とセレン(セレニウム)が必要な理由



プロバイオティクス、消化酵素と共に
液体亜鉛とセレン(セレニウム)を一日2ml飲むようにと
指導されました。

アトピーの「亜鉛療法」を行っている
名古屋の医療法人 愛星会のHPによると
亜鉛の働きとは:

  • 120以上の酵素に含まれ、300以上の酵素の働きを助ける
  • 細胞の形成や代謝に深く関係している
  • 創傷治癒を早める
  • ホルモン分泌の活性化
  • 性腺分泌の活性化
  • 妊娠の継続
  • 糖、脂質代謝の正常性保持
  • 細胞膜の安定化
  • 皮膚の安定性保持
  • 免疫の形成と活性化
  • 網膜の安定化
  • 唾液の分泌(味覚・臭覚の保持)
  • アルコール分解
  • 活性酸素の分解、除去
  • 有害なミネラルの排出


私たちが必要とするミネラルの中でも、
人体に特に重要な働きをするのが亜鉛です。
300以上の酵素の活性化を始め、免疫系、神経系など、
実に全身に多岐にわたって大切な役割を果たしています。

そしてセレンはあまりポピュラーなミネラルとは言えませんが、
活性酸素を抑える役をするグルタチオン・ペルオキシダーゼという酵素の
生成に欠かせないミネラルなのです。

またアトピー治療でセレンのサプリを摂る大きな理由は,その解毒作用。
砒素、鉛、水銀、銅、カドミウム、といった金属の解毒にセレンは有効なのです。

特に化学物質によるアレルギーに効果があり、白内障の予防効果もあります。
(アトピー患者は若い頃から白内障を起こしやすい傾向があるそうです)

セレンは魚介類や小麦、玄米、牛肉など
日常的に食べるものに含まれてはいるのですが
実際にどの程度の量が含まれていて、どの程度を摂取できているかは
わからないのです。

……というのも、植物が育った土壌、
魚介類がウロウロしていた(笑)海水の水質、
牛が食べていた牧草が生えている土壌などに左右されるからです。

ちなみにニュージーランドの土壌にはセレンは含まれておらず、
この国の人は基本セレン不足と言われています。

そのためセレンが豊富に含まれるブラジルナッツ
(ブラジルの土壌がセレンが豊富なんだとか)を食べましょう!という
健康系記事をしばしば見かけます。



無理な脱ステ事故のもと。体の準備が整ってから、減らしていきます



私のポイントはとにかく
「分解/消化」
「免疫強化」
「ストレス発散」

Deeには
「それほど難しいアトピーでもないから、よくなるわよ」と言われました。

確かにこれを続けたらアトピーがよくなるだけでなく、
ものすごく肌の調子がよくなりそうな気がしています。

ちなみにもうすっかりステロイド依存肌ですので
今もステロイドは続行中です(^^; 

身体が準備できないと、ステロイド断ちするのは自殺行為ですから。









 2015年8月追記:
医療法人 愛星会のHPを見ると、私がナチュロパスに受けた診療、
そしてアトピー治療の目的、ポイントがかなり似ています。
日本ではナチュロパスの指導を受けにくいので
こう言った指導をしてくれる皮膚科医の診断を受けるといいと思いました。



+++++++++


実録!大人アトピー完治までの道のり 
→ 全章はこちら ←

















メルマガ講座の登録はこちらからどうぞ★
 >> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<




 Image courtesy of stoonn. Photo at FreeDigitalPhotos.net Kittikun Atsawintarangkul
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.