バターチキンカレーをダイエット中も楽しむ!ヘルシーVerバターチキンカレーとは



バターチキンカレー……ダイエッターは避けるべし




バターチキンカレー。
インドカレーの定番、バターチキンはご存知の通り
甘いトマトのカレーです。

すごく美味しいんですが、ナチュラル系健康オタク及びダイエット中は
基本的に避けて通るべきメニューと言えます。

基本、具は鶏肉だけで野菜が少ない(というか、ほぼない)
そしてその名の通りバターをたっぷり使っていること。

こちらのヘルシーな方々(笑)の中では、
インドカレーを食べるのであれば、バターチキンカレーはやめて
ほうれん草など青菜を使ったサーグ系!

が、常識になっています。


おうちで簡単、15分で作れるバター(レス)チキンカレーのレシピ



でも美味しいんだ、バターチキンカレー。
時々むしょうに食べたくなるのです。

そこで「似て異なるもの」ではあるけれど、
十分満足できる我家の定番メニュー、それは……

バター(レス)チキンカレー



【バター(レス)チキンカレー】

たまねぎ 1個(スライス)
にんにく 2かけ(スライス)
干しぶどう(適量)

A:
しょうがのすりおろし 小2-3
カレーパウダー 小2
パウダークミン 小1
パウダーコリアンダー 小1
シナモンパウダー  小1
鶏胸肉 300gm

B:
トマト缶詰(400gm) 1
エバミルク(無糖練乳) 200ml

C:
トマトペースト 大1
ガラムマサラ 小1-2
プレーンヨーグルト(甘くないもの)80ml

(1)たまねぎとにんにくを炒める
(2)Aを足して炒め、鶏肉を入れる
(3)Bを入れる
(4)Cを入れる



出来上がり~♪
……とまあ、ものすごく簡単なのです。

エバミルク(無糖練乳)を使うことで
生クリームを使わずに済み、飽和脂肪を大幅カット。

こちらにはエバミルクにも色々種類があり、
減脂肪分(トリム)のものもあります。

これは最近我が家の定番で、クリームソースのパスタや
スープには生クリームの代わりに大活躍しています。

更に「ココナツフレーバー」があるので、
ココナツミルクを使うレシピ(ココナツミルクは飽和脂肪酸の固まりですので)は
すべてこれで対応です。

一缶使い切れなかったら、ジップロックバッグに入れて、冷凍保存。
後日バキバキと必要分だけ折って使っています。


暑い夏に美味しいレシピです。
ジャスミンライスとぜひどうぞ〜★





美肌づくり、健康づくりに効くレシピなども公開しています。
メルマガ講座の登録はこちらからどうぞ★

 >> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<



Image courtesy of tiramisustudio Photo at FreeDigitalPhotos.net 





© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.