市販のカレールーを使わずに、日本のカレーを作ってみた



カレールーを使わずに、どこまで似たものが作れるのか


恐らくどこの国でも手に入る
日本のカレールー(○ールデンカレーとかこ○まろカレーとか)、
そしてこれまでの経験上、どの国の人も「美味しい!」と言います。

もちろんダニーデンでもスーパーで購入可能で
作り置きもできて便利なのでよく利用して作っていました。

でも正直、かなり体に悪い(- -;)
私はそれほどカロリーは気にしないのですが、脂肪分が……
それもこの脂肪、体に悪いトランス脂肪と飽和脂肪酸なんですよねぇ。

で、カレールーで作るカレーに近いものを作ってみよう!と思い立ったのです。

結果、かなり満足のいくものができました!
市販のカレールーを再現しようとすると
「100%健康」なものだけでは不可能ですが(^^;
何が入っているか自分でわかる分いいかな、と。

以下忘備録です(笑)


手作りカレールーのレシピ公開!


<カレールー>
バター 10g
小麦粉 大2
カレー粉 大2
(1)好みの肉ををヨーグルト+カレー粉に漬け込んでおく
(2)ホワイトソースを作る容量でカレー粉を作り、おいておく
(3)野菜&肉を炒めて、カレールーを少しずつ足していく
(4)水を足す
(5)そしてここからが想像力を駆使するところ……味付けです。

私が今回入れたのは(覚えている限りで・笑)
  • 野菜ストック/ビーフストック/チキンストック
  • 赤ワイン
  • トマトピューレ
  • ウスターソース
  • ジャム各種(チャツネと果物系)
  • ココアパウダー
  • 醤油
  • ブラウンシュガー
  • クミン
  • ガラムマサラ
  • バターひとかけ
  • リンゴ摺りおろし
  • ジャガイモ摺りおろし(とろみつけに)
  • 白胡椒
  • 練り胡麻
  • 味噌
  • インスタントコーヒー
まずこれで煮込んでみたのですが、正直カレーではない……(爆)
カレーに必要なのは:

トマト系の「酸味」
果物の「甘み」
カレー粉やスパイスの「辛み」
そして肉系の「コク」。

これらが必要だと思うのですが
明らかに「肉系のコク」が足りない。

そこで投入してみたのがグレービー(肉汁)です。
ローストビーフやチキンにかける、
肉汁を煮詰めて小麦粉でトロミをつけたソース。
こちらではパックに入って売っています。


結論:「体に悪いものほどウマイ」


これを入れてみたところビンゴ!!!!

一気にイメージにかなり近い「ジャパニーズカレー」になりました!

やっぱり脂質は味や香りを料理にプラスするので
これを入れないと何となくぼんやりした味になるんですよね(^^;

バターを入れたり市販のグレービーを入れたりで
これは本当に健康的なのか??」と思ったりもしますが
満足な出来上がりでした。

何より「これは?これは??」と気分の趣くままに
色んなものを投入していき、楽しかったです(笑)
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.