BREAKING NEWS

マタニティ下着にみる、妊娠中の大切なものの順位




 マタニティ下着による異文化考察


17週に入り、毎日履くジーンズもマタニティ用が
しっくりくるようになりました。

服の上からもおなかが出ているのが分かるようになり、
体型の変化を見るのはなかなかエキサイティング。

ちなみにこちらでは大きくなったおなかをbump(バンプ)と呼びます。

妊娠に関する情報は日本のサイト、
そしてこちらのサイト両方を参考にしているのですが
やはり考え方、捉え方の違いが色々あって面白いのです。

何より違う……と感じたのは「下着」、
そしてそれが示唆する大切なもの順位です。

日本のマタニティ用下着、特にショーツは「冷え」を防ぐために
おへそよりも上にくるものがほとんど。

それに対してこちらの妊婦用ショーツはバンプよりも下、
「冷え」という考えは一切なく、
存在するのは
「フェミニティ(女性らしさ)」
「センシュアル(官能的)」。

赤ちゃんや母体をケアすると言うよりも、 
お母さんの自分への感情が先に来ている印象を受けるのです。

こちらの雑誌を読んでいると妊娠中は
女性らしさを最も強く感じる」というコメントをよくみかけます。

女性らしさの象徴、
そして幸せの象徴であるビューティフルなバンプ
見せびらかす服を着よう!みたいな……
見せびらかすどころか、おなか丸出しの妊婦さんも見かけます(^^;


根本にあるのは「皮下脂肪」……?


私はやはり日本人。
妊娠中は何があってもおなかを冷やしちゃいかん」と
インプットされていますから、
そんなにおなか丸出しでどうすんの!と思うのですが。

そんな話をおっちゃんとしていたところ、彼が一言。
結局皮下脂肪の問題やねん

曰く。
非アジア系の人々はアジア系よりも皮下脂肪が多い
=断熱材が備わっているので、体が冷えにくい。
=冷えに関する心配が少ない。

そう言えば「冷え症」を意味する英単語、私は見たことがありません。
(漢方の情報サイトをよく見ればあるんでしょうけど)

アロマテラピー、ナチュロパシー、ハーブ医学、西洋医学でも
「血流」の悪さを指す単語はありますが
それによる「冷え症」を指す単語はないのです。

ということは、西洋人には「冷え」という考え方がないのかな……と。
そうであればバンプの下にくるショーツの存在もうなずけるのです。

私はもちろん日本の通販でヘソ上どころか胃の辺りまでくる
マタニティ用ショーツを買いました。

ビューティフルなバンプを見せびらかす気は満々ですが(笑)
プライオリティは「暖かさ」が格段に上なのです。

シェアお願いします 

 
Back To Top
Copyright © 2014 ナチュラル美人のつくりかた. Designed by OddThemes