BREAKING NEWS

肌にいい食べ物って?美肌になるための簡単な消去法教えます



美容にいい食べ物=健康なからだを作る食べ物




最近思うのですが「キレイで強い肌を作る食べ物」を選んで食べるよりも
「肌を弱くする食べ物」を減らす方が大切、且つ簡単なのではないかと。

肌は体で一番大きな臓器です。
乾燥もなくオイリーでもなく、適度にうるおっていて、ハリもある。

そんなトラブルと無縁な肌を作る食べ物とは、
健康なからだを作る食べ物のこと。

健康なからだを作る食べ物とは、
対メタボ効果のある食べ物と考えられます。



減らした方がいい、肌を弱くする食べ物


では「減らした方がいい、肌を弱くする食べ物」って?
……これって多分、何となく想像できるのではないでしょうか。

  • お菓子、スイーツ
  • 白いごはん、白いパン
  • 揚げ物
  • 化学調味料
  • 過度のアルコール、カフェイン
  • 飽和脂肪/トランス脂肪
  • 糖分

あたったでしょう?(笑)

これをひとつひとつ何がどうなるから悪い!とあげていくと
一冊の本が書けてしまうので(^^;
今後折りに触れてちょこちょこ書いていこうと思います。


飽和脂肪とトランス脂肪


結局一番避けた方がいいものは
飽和脂肪トランス脂肪ということになるのですが……

飽和脂肪は主に以下の食品に含まれています。
  • 食肉
  • 乳製品(バター、チーズ、牛乳、生クリーム、ラード、肉汁、パーム油(50%が飽和脂肪)、ココナツ油(90%が飽和脂肪))
  • トランス脂肪(「ベジタブル油」「ショートニング」)

なぜ飽和脂肪はよくないのか?
ご存知の通り高脂血症(ハイコレステロールや糖尿病、心臓疾患など)を
ひき起こす原因ではあるのですが、肌にも影響があります。

肌を塞ぐのです……そう、ニキビや吹き出物です

でももちろん、健康なからだ(=肌)を得るためには、
一定量の飽和脂肪も摂らなくてはいけません。
調理法、そして量が「健康」と「不健康」を分けるポイントとなるのです。

例えば今も昔も大人気のプリン。
「濃厚!」「トロ~リ」などのあおり文句が並んでいますが、
プリンはもともと卵と生クリーム(または牛乳)で作るもの。

これを濃厚にしようとすると
生クリームの配合量を増やさなくてはなりません。
生クリーム=飽和脂肪です。

例えばパン屋さんの定番、クロワッサン。
サクサクと軽いので幾らでもたべれてしまうのですが
1個中の脂肪分はなんと15.8g、うち飽和脂肪は8.7gです。
チョコクロなんてことになったらもう……(怖)


美肌を作る食事を楽しもう


でも「食べちゃダメ」ではなく
「減らす」「できるだけ避ける」でいいと私は思っています。

何しろこれを厳密に守ろうとすると外食はもちろん
お惣菜やパン、スイーツは一切食べられないことになる(^^;

「食べること」は人生の幸せのひとつ、
そして健康でいるためには食べなくてはいけません。

だからすべて「減らす」、
そしてたまに楽しみとして食べるという姿勢でいいと思うのです。

一番簡単なのは2つを比べて、からだにいい方を取る方法。

例えばハンバーグを食べるなら
デミグラスソースよりもおろしソースを選ぶ。

牛肉を食べるなら霜降りよりも脂肪の少ない赤身の部分を。

鶏の唐揚げだったら網焼きにする。

アイスクリームならシャーベット。

カフェラテを頼むときには低脂肪牛乳で。

サザンアイランドドレッシングよりも和風ドレッシングを。

ラーメンならうどんやおそばにする。

白いふわふわパンよりも、茶色のみっしりとした雑穀パンを。



食べたい時には食べていいんですよ。
体には解毒作用があるのですから。

大切なのは体の持つ解毒作用が処理できる範囲内で食べることです。





日本ではあまりみかけない、
肌に美味しいレシピも公開しています。
メルマガ講座の登録はこちらからどうぞ


>> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<


originally written on 15/10/2010 

Image courtesy of Apolonia Photo at FreeDigitalPhotos.net 

シェアお願いします 

 
Back To Top
Copyright © 2014 ナチュラル美人のつくりかた. Designed by OddThemes