実践!水中出産&アクティブバース

3月27日、午前7時43分、3680gmの男の子を無事(?)出産致しました。
「すぽんっとラクに産まれてきそうな気がする~」と気楽に構えていたら、想定外の難産でした(^^;


遅延分娩一週間


IVF妊娠故、予定日を2日過ぎたら陣痛誘発剤を使うと医師に言われており、出来る限りメディカルの介入を避けたかった私は予定日前に2回、鍼灸を受けたのです。これがなんだかハンパに効いてしまい、予定日20日にガッツリおしるしがあり陣痛も始まったのだけど、それからが長かった!!

遷延分娩一週間ですよ(- -;) 

しかしいつチェックをしてもタローの心音は元気バリバリで「私が耐えりゃあ自然にどうにかなる」状態。……多分日本だったら、そしてナチュラル系助産士さんじゃなかったら、即促進剤だったと思うのです。でも耐えさせられた……というか、私も耐えれたんですね(笑)

そして27日深夜、ようやく「これ産まれちゃうんじゃない??」ってとこまで行き、病院についたときには既に子宮口は9cm開いてました(笑)


水中出産&アクティブバース!


水中出産を予定していたので早速プールに入り、いきむこと1時間……頭は見えてるのにでない。

そして陸に上がって1時間しゃがんでいきむものの、やはり出ない。

2時間いきんで出て来ないので、医師がチェックに入ると頭のポジションが悪くこれはバキュームでないと無理……ということで、急遽吸引分娩&切開となり、おしりの方までザックリカット。それもすぐそこまで出ているので麻酔を効かせる時間がないということで、あんまり効いてないうちにカットということに……最終的にバキュームでひっぱり出しました。

……とまあ、無事(?)に出産したものの、翌日早朝タローが脱水症状による高熱を出し、緊急治療室&インキュベーター入り。2日間NICUで過ごし、金曜日2日にようやく退院となりました。

それにしても以前は「わしゃ絶対立ち会わへん」と言っていたおっちゃんも、陸の上でのアクティブバースで、私の腕を支えて一緒にスクワットするという……立ち会い出産どころか言わば「父親参加型出産」。一週間の陣痛に苦しむところ、そして産みの苦しみをまざまざと見せつけてやりました(笑)

自分が取りたい体勢でいきむアクティブバースでは色んな体勢を取りました。スクワットだけでなく、トイレの便座に座って片足で壁を押したり(笑)最終的には分娩台で出産になりましたが、仰向けに寝て、どこにどう力を入れていいのかサッパリわからなかった……やっぱり生むのに自然な体勢ではないですよ、分娩台って。


赤ちゃんは出たいときに出てきます


それにしても私意外と体力あったな、というのが出産の感想。
7日間の陣痛&寝不足、出産&産後の麻酔などなどああったものの、ある程度のエナジーレベルを保てています。ようやく「文章脳」も動き出したし、椅子にも割と長い時間座れるし(笑)

今回の出産でシミジミ思ったのは「赤ちゃんは出たい時に出てくるので、急かしちゃいかん」。そして中国4千年の鍼灸の威力はすごい……ということでした。

てなわけでタローが加わり、新しい生活が無事始まりました。
出産に伴う業務の遅れでご迷惑をおかけ致しましたが、徐々にキャッチアップしていきますのでよろしくお願い致します。
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.