ママのためにも!ねんねトレーニングのススメ

寝かしつけ、夜泣きをなくす「ねんねトレーニング」


出産前、夜って寝るまで何してたっけ……と贅沢に途方に暮れています。
タローももうすぐ4ヶ月、ねんね(睡眠)トレーニング、通称「ねんトレ」を始めました。
始めて5日目の昨夜、8時に目を覚ましている状態でコットに置いて3分でコテン。朝まで起きませんでした



赤ちゃんの「ねんねトレーニング」とは?いつから始める?


ねんねトレーニング。

新生児のころから親と赤ちゃんは別々に寝るのが基本な欧米では(最近それも変わってきていますが……)色々な書籍やDVDなどHOW TOモノがあり始める月齢は早ければ早い程習慣付けがラク、 と言われています。

私が選んだのは寝かしつけのテクニックのためにThe Sleepeasy Solution
「夜通し眠れるようになること」そのための必須条件として「一人で眠りにつけるようになる」ための方法がわかりやすく解説してあります。




The Sleepeasy Solution: The exhausted parent's guide to getting your child to sleep - from birth to 5




そして毎日のルーティンの組み立てのために
カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座



カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座





この2冊をもとにトレーニングを開始しました。


赤ちゃんにとって、睡眠はおっぱいと同じ位大切な栄養です


本によると赤ちゃんの推奨睡眠時間は夜は11~12時間、昼間は3~4時間(月齢による)とされています。言い換えれば 心身共に健やかに発育するためにはこれだけ眠る必要がある、ということ。

そして就寝時間は夜7~8時、最高に遅くても8時半
これより遅くなると「ストレスホルモン」であるコルチゾールが発生し、寝付きもご機嫌も悪くなり、睡眠時間も短くなるとか…… 確かに思い当たる節が多いのです。

なかなか寝付けないときにはどんどん疲れ、機嫌も悪くなり、更に眠れなくなる。
その上遅くに寝たからと言って朝もゆっくりという訳でもなく、寝足りてないから起き抜けから不機嫌。
不機嫌でキーキーの赤ちゃんを相手にする私もストレスがたまるという悪循環……(^^;


夜泣き対策、ポイントは「1人で眠りに戻れるか」


最近タローの睡眠パターンが変わってきて、以前より寝かしつけに苦労するようになってきたな……と感じていたとき「4、5ヶ月頃から睡眠パターンが変わり、これまでよく眠っていた子が夜起きるようになる」という記事を目にしたのです。

どの子も必ず、夜中に何回か目を覚まします。
そのとき夜泣きをするかどうかは「一人で眠りに戻れるか」にかかっています。赤ちゃんは眠に落ちる瞬間と、違う状況で眼を覚ますと不安になるのです。

考えてみて下さい。もしもあなたが自分が眠りについた部屋とは違うところで眼を覚ましたら不安になりますよね?

赤ちゃんもそれと同じ。
お母さんに抱っこされておっぱいを飲みながら寝てたのに、目が覚めたらお母さんがいない。不安になって泣き出すのは当然です。

だからこそ、ねんトレの大切なポイントのひとつはまだ起きている状態で、コットに入れて、1人で眠りにつけるようにすることなのです。



ねんねトレーニングの方法


肝心のトレーニング法はと言いますと。


1:おやすみ前の「儀式」
お風呂に入る、ミルクを飲む、パジャマを着る、本を読むなど毎日同じことを同じ順番で同じ時間に繰り返します。こうすることで「これをやったからもう寝るんだ」という意識を植え付けるのです。


2:環境を整える

部屋を暗くする、そして快適な温度に保つ。神経を興奮させるおもちゃ(メリーなど)はコットまわりからすべて取り除きましょう。ふとんなどは顔にかかる危険性があるため、赤ちゃん用スリーピングバッグがお勧めです。


3:完全に起きている状態でコットにおいて、一人きりにさせる

4:チェックイン

……3でコットに置いたら必ず泣きます(笑)
泣いたらすぐに飛んで行かず5分、10分、15分毎に寝ている部屋に行き声をかける。このとき近づき過ぎず(もちろん抱っこしたり触ったりトントンもダメ)優しい声で

大丈夫よ〜 タローちゃんと一人で眠れるからね〜 
お母ちゃん(我が家はお父ちゃんお母ちゃんです・笑)
また様子見に来るからね~

と声をかけて30秒以内に退室する。

これを繰り返していると、始めは恐らく純粋に泣きつかれで寝てしまいます(^^;

でも何度か繰り返すうちに指を吸う、首を左右にゆっくり振る、足をリズミカルにバタバタさせるなど「一人で眠る方法(self-soothing)」を赤ちゃんが自分でみつけるのです。

ちなみにタローは初日泣く、泣きつかれて眠る、起きる、泣く……を繰り返し、ちゃんと眠るまでに2時間かかりました。

が。

2日目は45分(チェックイン4回)
3日目は20分(チェックイン2回)
4日目10分(チェックイン1回)
そして5日目である昨日は3分、
チェックインなしで朝まで!

曰く、5ヶ月を超え、体重も7kg以上あるのであればほとんどの赤ちゃんは夜中の授乳は必要ないそうで。

ミルクー!おっぱいー!!と泣くのはお腹が空いているのではなく、単なる習慣なんだとか。

タローは7kgありますが、まだ4ヶ月。
早寝になった分飲む合計量が少なくなるといけないので、私が寝る前、12時頃にDream Feed(ドリームフィード)しています。完全に起こさず、夢うつつの状態で飲ませてお腹いっぱいにし、空腹で起きないように先手を打つのです(笑)

同時に、夜よりも難しいナップ(お昼寝)の習慣づけに挑戦中です。お昼寝と夜寝はふか〜く関係しているのです……


ねんねトレーニング・お昼寝編


基本的な寝かしつけ方法は、夜と変わりません。
夜と同じ「お休みの儀式」をして、薄暗い部屋のベッドにおいて部屋からでて、泣いたらチェックイン。

大切なのは、親が時間を守ること。朝7時起床、10時に一回目のお昼寝だったら最初は寝ても寝なくても、毎日10時にコットにおくこと。今日は10時に寝かそうとしたけど、次の日はやらなかった……。毎日違うことをしていると、赤ちゃんも混乱、というか昼寝の習慣がつかないのです。

赤ちゃんに時間を合わせるのは正直大変です。
お昼寝3回の頃には、日中出かけられる時間は1〜2時間とかになってしまいますし。

でも、毎日のお昼寝を習慣づければ日中2〜3時間確実にお昼寝してくれて、ゆっくり自分の自由時間がある。それを考えれば、スケジュール調整の大変さを補ってあまりある!と私は思っていました。

そしてこのお昼寝を疲れすぎる前、ちょうどいい時間から、ちょうどいい長さ取れると夜もスッと眠りに入ることができるのです。



ねんねトレーニング、難しいかもしれないけど


実際にねんねトレーニングをベースにした子育てをして、タローも4歳になりました。

→ねんねトレーニング、4年後


ねんねトレーニングで得たものは、
毎日寝足りている、ご機嫌な赤ちゃん
毎日日中2〜3時間の母の休み時間
毎日7時過ぎからの大人の自由時間
朝までぐっすり熟睡できる毎日。

実際にねんねトレーニングをやった経験から言えば「泣かさない」というのは不可能に近いように思います。

なぜなら、ねんねトレーニングは「泣いてもお母さん来ないんだ」と納得させることからスタートするのですから。

赤ちゃんは必ず泣きます。でも赤ちゃんは慣れるのも早いです。ギャン泣きになってしまったら、こちらも心が千切れるほど辛いです。
でも今、タローを見ているとねんねトレーニング中のギャン泣きがトラウマになっているとか愛情に飢えているとか(^^; 一切ないと思うのです。

……というか、彼は覚えてもいないと思う(笑)
起きている間、ことあるごとに抱きしめて、キスして、大好きよ、宝物よ、と言い続ける。もちろん4歳になった今でも言い続けています。(同時に死ぬ程怒ることも多々ありますけど^^;)

 日本では住宅環境上、泣かせっぱなしにするのは難しいかもしれません。
でも挑戦できるのであれば、赤ちゃんのためにも、お母さんのためにもトライしてみて欲しいな、と思うのです。






メルマガ講座の登録はこちらからどうぞ★
ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 



Image courtesy of kangshutters Photo. at FreeDigitalPhotos.net  

Originally written in July 2011 
Last edited on 26 Sept 2015 
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.