香料のフリした合成保存料。NATICIDE(ナティサイド)



グリーンウォッシュ……消費者だまし?

 

自然派コスメやオーガニックコスメの
原料リストに精油名等がなく
「香料(Perfum / Fragrance)」とだけ
記載されているアイテムをみたことありませんか?

もしかしたらその「香料」、
香りづけが目的ではなく
保存料として配合されているのかもしれません。


Drタトレーとお茶していて(ミーティングではありません・笑)、
ナチュラルコスメメーカーの
グリーンウォッシュが話題になりました。

グリーンウォッシュ

実際には化学物質を使っているけれども、
その成分の生成過程に
特別な過程を間に挟むことで
化学物名を表示せず
ナチュラル原料名を表示できるようにすること

例えばココアルキル酸ナトリウム。

シャンプーなどによく使用されるこの原料、ラベルには
「ココアルキル酸ナトリウム(植物由来成分)」と
「植物由来成分」と書き足して、
ナチュラル感、安全感をアピールしていることが多いです。

でも実際は構成脂肪分の一種に
自然派が避ける石油由来界面活性剤SLS、
ラウリル硫酸ナトリウムが含まれています。

それを公表せず、「ココアルキル酸ナトリウム」とのみ
表示することが可能なのです。

→やさしそうに見えるけど実は……な自然派シャンプーの話



オーガニック団体が認める合成保存料、ナティサイド(Naticide)


ココアルキル酸ナトリウムに加えて、
Drタトレーがコメントされた原料がNaticide(ナティサイド)。

バニラやアーモンドに似た香りを持つ合成保存料なのだけれども、
原料リストにはその化学構成上
フレグランス(香料)として記載できる……というか
合成保存料(Naticide)との記載は不可で、
Perfum、もしくはFragranceとして記載しなくてはならないのです。

その上安価で安全なため、このNaticideを使用しているメーカーは
とても多いのだとか。

ちょっと調べてみましたが、
まあこのNaticide実態がわからない。

「植物由来」ではあるのですが、
この「植物由来」程グリーンウォッシュに向いた原料もないので
要注意だったりもします。

あれこれ調べて行くとオーストラリアのオーガニック認証団体、
Australian Certified Organicは
Naticideのオーガニック商品への利用を認めているとか。

……いや、それは別にいいんですけど、どうも釈然としないです。

実際にはNaticideを保存料として添加しているのに
保存料フリーと表示する。

……なんかずるくね??と、モヤモヤ(^^;

原料名に「フレグランス」とあって、
精油名等が記載されていないモノはNaticideの可能性大、とのことでした。

いやホント、危険な原料という訳でもないので
別にいいと言えばいいんですけど……
特に「保存料フリー」と言っているのであれば、
何だか騙されているような気がするのです。




++++++

気になる成分についても語っています。
メルマガ講座の登録はこちらから

>> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<






Image by arkorn at FreeDigitalPhotos.net

© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.