アマニ(亜麻仁)油以上!吸収効率のいいオメガ3系オイルとは


アマニ油より吸収効率のいいオメガ3系オイルとは?


日本の友人から

今テレビでアマニ(亜麻仁)油が認知症予防にいい」って言ってる!調べてみたらNZ産がいいらしいけど、どうなの?!」

とLINEがきました。

古くはあるある大辞典、そしてみのもんたの健康(アイテム紹介)番組の系譜はまだまだ続いているんだな……と再認識です。

さて、アマニ油(亜麻仁油/Flaxseed oil)。

結論から言えばオメガ3、特にDHAの日常的/継続的な摂取が目的であれば アマニ(亜麻仁)油じゃなくて、もっと安価なフィッシュオイル(魚油) でいいんです。

10年程前に成人アトピーを発症したとき、色々と調べつつ「アトピーに効果がある」と言われる自然食品やアイテムを試しました。

そのときにアマニ油(亜麻仁油/Flaxseed Oil)も1年近くは毎日飲んでいたと思います……効果があったかと聞かれれば、大してなかったと思う、と答えるしかないのですが(爆)その後ナチュロパス(自然療法士)の指導を受けて、今では脱ステ完了と言える状態がもう5年続いています。


> アトピー撃退2009


アマニ油は遠回り?細胞膜に直接取り込まれるのは魚油


この頃、栄養学のエキスパートでもあるナチュロパスにアマニ油じゃなくて、魚油を摂る事を指導されていました。何故魚油??と訊ねたところ:

安価で効率がいいからよ。
アマニ油も魚油も同じオメガ3系脂肪酸(ALA, EPA, DHA)を含む
オイルなんだけど、 魚油の方が効能があるのよ。
何故かと言えば魚油は細胞膜に直接取り込まれるから。
植物由来のオメガ3系オイルは、まずEPAとDHAに体内で変換されてから
体に取り込まれることになる。
化学者はALAの長鎖脂肪酸への変換率は
5〜15%程度だとしているわ。

同じ量のアマニ油と魚油を摂った場合、
体に吸収される栄養素の差が出るということ。

アマニ油は高価だし続けないと意味がないから
ベジタリアンじゃないなら魚油をお勧めするわ。

とまあ、こういうことを言われたのでした。


食事やサプリから……摂取しやすいのも魚油です


実際のところ、大さじ一杯のアマニ油には850mgのEPA/DHAですが、100gのサーモンには1090〜1830mg*とのこと ……それなら毎日鮭弁食べるわ〜(笑)

(*Fischer. K (2010) The Healthy Skin Diet )

毎日じゃなくても週に2〜3回はオイリーフィッシュ(鮭やマグロ、いわしやサバなど)を食べること、亜麻の実を摺ってサラダにふりかける、スムージーやヨーグルトに混ぜるなどするだけでも摂取量が増えますよ。

もちろん頭だけじゃなく、肌や心臓にもすごくいい食習慣になります^^

そしてアルツハイマー 発症の原因のひとつと言われているアミロイドβ(アミロイドベータ)。

これもまた今更言われなくても皆さんご存知の(笑)腹八分、毎日の適度な運動 でケア可能だそうです(インシュリン分解酵素がアミロイドβも分解するため)。


参考文献:Saxelby. C (2008) Nutrition for Life





↓ 継続して確実に摂取するのであれば、やっぱりサプリがおすすめです。
現在市場に出ているEPA&DHAサプリの中で、もっと配合量が多いです。









美肌はスキンケアだけでは得られません。
メルマガ講座では肌に効く栄養素なども説明しています。


 >> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.