BREAKING NEWS

ノンケミカル日焼け止めの真実2015 Vol.1 酸化亜鉛と酸化チタン




 ノンケミカル日焼け止め、酸化チタン原料が多いのはなぜ?





先日、いくつかのノンケミカル日焼け止めの原料を調べていて
ふと気になったのです。

どうして酸化チタンの使用率が高いんだろう?

酸化亜鉛と酸化チタンを比べると
酸化亜鉛の方が日焼け止めとして優れた性質を持っています。

酸化亜鉛は単一素材で唯一
UVA長/短両波、UVB、UVCのブロック効果を持つ
ブロードスペクトラム素材。
酸化チタンはUVA長波、UVCの防御力を持たないのです。

これはコスメ作りに携わっていれば、
ある意味常識と言える位の事実なのですが……

 困ったときのDrタトレー頼み(笑)、早速質問してみました。


いい質問ね!

端的に言えば酸化チタンは安価で、酸化亜鉛よりも粒子が大きいから。
でもご存知の通り、酸化亜鉛と違いブロードスペクトラムではありません。

メーカーが酸化チタンを好んで使う理由は、その扱いやすさと言えます。
酸化亜鉛のようにダマになりにく、
クリームやローションに混ぜたときすべらかなテクスチャになるからなの。

そしてコストの低さ。
酸化亜鉛と比べて安価なのよ。


でも……これは本当に大きな「でも」なんだけど

酸化チタンのみを有効成分としている商品は
私から言わせれば「日焼け止め」として働いているとは言えないわね。

何故かと言えば、やっぱりブロードスペクトラムではなく
UVAから肌を守る力が弱いから。

実はこれが「オーガニックサンスクリーン」によく使われている
紫外線吸収剤、OMシナマイト(OM Cinnamate/オクチノキサート) 系が
開発された理由のひとつと言えるの。

OMシナマイト(オクチノキサート)はシナモンの一構成要素を
化学的に模倣して作り出した化学化合物です。
 「シナマイト」とシナモンに似た名称が付けられたのは、
日焼け止めとして働く物質がシナモンパウダーに少量含まれる
芳香ベンゼンリングの構成要素だからなの。
実際のシナモンから抽出された成分という訳ではないのよ。

このOMシナマイトは皮膚を通して体内に浸透すること、
接触性皮膚炎のアレルゲン、
更にはホルモン撹乱の疑いも現在では指摘されています。

酸化亜鉛は抗炎症作用も持ち、とても優れた紫外線散乱剤と言えます。
でもその化学構成から、しばらく使わないとクリームと亜鉛が分離しやすいのです。
更に白浮きするから、メーカーは避けようとするのよ……
消費者からクレームが出るからね。


うーん、やっぱり酸化チタンが使われているのは
メーカー側の都合のみと言うことらしい……


繰り返しますが、酸化チタンはUVA長波への効果はありません。
酸化チタンの力不足を補う為、酸化亜鉛や
紫外線吸収剤(これは100%ケミカル原料と言えます)が配合されている
日焼け止めも見かけました。

日焼け止め有効成分は酸化亜鉛のみ!!というアイテム、
そしてメーカーさんに好感を持ちました。
扱いにくい(そして高価な原料=儲けがでにくい)原料を
知恵と工夫でいい日焼け止めにしよう!と頑張ってるんだなぁ……と。

もちろんDrタトレー開発の日焼け止めは酸化亜鉛のみ、
そしてナチュラルフェイシャル・ジンクサンスクリーンSPF30も酸化亜鉛が
有効成分です(……とちょっと宣伝もしておきます・笑)

レリッシュアオテアロア 日焼け止めセレクション




2015年7月追記:
酸化チタンのアルミコーティングがプールの塩素で溶けてなくなる?!
「UVA長波への効果がない」以上に気になる研究が今注目を集めています。

→「ノンケミカル日焼け止めの真実2015 Vol.3 酸化チタン、安全神話の崩壊。

 やっぱり酸化亜鉛、最強です。


++++++++



メルマガ講座の登録はこちら
 >> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<

 Image courtesy of stockimages. Photo. at FreeDigitalPhotos.net

シェアお願いします 

 
Back To Top
Copyright © 2014 ナチュラル美人のつくりかた. Designed by OddThemes