なぜ日本限定?ヴェレダの日焼け止め

なぜ日本限定?ヴェレダの日焼け止め


いやいやいや…… プレ化粧水以上のモヤモヤ感。なにって、ヴェレダ エーデルワイスUVプロテクト、日本限定日焼け止めです。



2010年、Drハウシュカやヴェレダなどヨーロッパ圏の
オーガニック/ナチュラルコスメメーカーが日焼け止めの製造を終了しました。
欧州委員会による、日焼け止めの新たな基準導入に準じての決断でした。

Drハウシュカは2009年1月にこんな発表をしています:

新しい基準に沿うためには、今までの酸化チタンのみを使った
レシピでは不可能で、ケミカルを配合しなくてはならない。
そしてそれは私達のポリシーに反することなのです

実際にそれ以来日焼け止めを製造していません。

ヴェレダもこの新しい規定が導入されてから、
ヨーロッパ圏、アメリカ、そしてNZでも製造販売していません。

……それなのになんですか日本限定って。
日本の薬事法は通っていても、他の国では基準に満たない商品を
日本では売っちゃえ、ってことでしょうか。

基準を満たしていたら、他国でも製造&販売再開しない訳がないと思うのです。
日焼け止め市場ってかなり大きいですから。

配合成分の中で紫外線散乱剤として効果のあるミネラル成分は
酸化チタン、 アルミナ(酸化アルミニウム)、シリカ、酸化鉄。
 (アルミナとシリカは紫外線対策ではなく、
恐らく酸化チタンの光触媒作用を防ぐためのコーティング剤として使われています)

それにしてもPA++ってかなり防御力低いのでしょうか。
Drタトレーともこの日焼け止めについて話したのですが
原料をみてのコメントは
日焼け止め効果、充分とは言えないわね〜

……日本とNZの紫外線の強さの差=日焼け止めに求める防御力の差、でしょうか。
もしかしたら、日本の紫外線だったらこの程度で十分なのかもしれませんね。

それはともあれ。

日本の薬事法をパスしているから問題はない。
他の国では販売しないのは、何か企業的な理由があるのかもしれない。

でもな〜〜〜〜〜んか釈然としないのです……
だってDrハウシュカやラヴェーラ、マルティナなど、
ヨーロッパのオーガニック系ライバルは完全に日焼け止めから手を引いています。
これってやっぱり、
酸化チタンだけではヨーロッパの基準を満たせないからじゃないかと思うんですよねぇ。

他所の国の基準に満たないものを日本で売る。

……なんかイヤな感じじゃないですか?





 Image courtesy of pakorn. Photo. at FreeDigitalPhotos.net
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.