BREAKING NEWS

肌にやさしい日焼け止めのジレンマ  ~ウォータープルーフとケミカルの関係

肌にやさしい日焼け止めとウォータープルーフ力




今年も日本は暑い夏のようですね。

先日お客様からナチュラルフェイシャル・ジンクサンスクリーンSPF30の
ウォータープルーフ力についてご質問いただきました。




ナチュラルフェイシャル・ジンクサンスクリーンSPF30
オーストラリア/ニュージーランドのテスト機関によりSPF30、
プールや海など、水に入っている場合、
ウォーターレジスタンス(防水性)40分、SPF25の認定を受けています。




ノンケミ日焼け止めのジレンマ、ウォータープルーフ力



http://relishnz.shop-pro.jp/?pid=77207746日焼け止めのウォータープルーフ力というのは
水分によってクリームが落ちるかどうかではなく
水に濡れても日焼け止め効果が持続するかどうか、ということ。

どんな日焼け止めでも、
余程粘度の強いオイルかケミカルを使っていない限り、
水につければある程度はクリームは浮いてくるものです。

しっかりと、多めの量をすり込むようにして塗れば
肌に馴染んで落ちにくくなります。

それにしても「ウォータープルーフ力」は
ノンケミ日焼け止めのジレンマと言えるでしょう。

ケミカル原料を加えれば、簡単にウォータープルーフ力は強くなる、
けれどもこのケミカルを使わないようにしようとしている。

ノンケミカルでウォータープルーフ力を強くしようと思うと、
オイルの含量を増やさなくてはいけない。
でもそれでは今度は使い心地が良くない……

ケミカルを使うことなく、どれほどバランスよくオイルを配合できるかが
各メーカーの腕の見せ所と言えます。



日焼け止めの上手な使い方



ノンケミ日焼け止め、ケミカル日焼け止め、
どちらにしても、泳いだ後や汗をかいた後の塗り直しはとても重要です。


【上手な使い方】

  1. クリームをつけたあと、手のひらでしっかりと抑えて肌に浸透させる
  2. 紫外線に当たる30分前に塗布。紫外線に当たり始めて15~20分後にもう一度塗布する
  3. 2、3時間ごとに塗り直し。水にぬれた時には直後に塗り直す

しっかり、そしてたっぷりと肌に塗り込めることが大切です。

でも私自身も身に覚えがあるのですが、
肌が弱かったり荒れていたりすると、
この「しっかりたっぷり」に躊躇するんですよね……

不安材料があるなら日焼け止めだけに頼らず、
帽子をかぶる、日傘をさすなど物理的に紫外線を避けることを
プラスした方が良さそうです。



「命を守るためのアイテム」として存在する日焼け止め

NZで暮らしていてしばしば感じるのは
日本人とは日焼け止めに対するスタンスが違う」ということです。
日本人が日焼け止めを使う目的は基本的には美容目的であり、
肌を老化から守るためのもの。

それに対してNZやオーストラリアにおける日焼け止めとは
命を守るためのものなんだなぁ、と。

NZは世界で一番皮膚ガン死亡率が高く、
また皮膚がんはNZ国内で一番多い癌なのです。

悪性黒色腫(メラノーマ)による死亡率は
カナダ、アメリカ、イギリスの四倍にもなるそう。

とても恐ろしく感じますが、
外に出る時には日焼け止めをつける、
紫外線の強い時間に外に出ることを避ける、
帽子を被る、長袖を着る……など常識的なことに気をつければ
十分に防ぐことができる癌でもあると言われています。

命を守るためのアイテムとして
日焼け止めが存在している訳ですから
「日焼け止め効果」という点で、
私はNZやオーストラリアの日焼け止めは信用できるのです。

そして使い心地は二の次というアイテムが多いことも納得できます(^^;

例えばオーストラリアのナチュラル日焼け止め代表、ソレオ。
原料を見る限りでは100点満点です。

<ソレオ オールナチュラルサンスクリーン>

酸化亜鉛 22.3%
ブドウ種子油、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、
キャンデリラロウ、ミツロウ、野菜油、マカデミアナッツ油、
テオブログランジフロルム種子脂、レシチン、サフラワー油、
ローマカミツレ花エキス、キュウリエキス、
酢酸トコフェロール、チャ葉エキス


原料をみるとオイルやバターの割合が多く、
液体成分が少ないのがわかります。

これはウォータープルーフ力を上げるためで、
液体系の原料が少ないので固め、重め、伸びにくいテクスチャになります。

でもこれでいいんです。

ソレオは「大人の女性が使う顔用の日焼け止め」というよりも、
「家族みんなが全身に使える、安全な日焼け止め」というコンセプト。

使い勝手よりも、ウォータープルーフ力が
優先順位では上になるのです。

この観点からいくと、
ナチュラルフェイシャル・ジンクサンスクリーンSPF30
テクスチャで防水40分、SPF25というのはかなり優秀です。



 ++++++++++



お勧め日焼け止めなどもご紹介しています。
メルマガ講座の登録はこちらからどうぞ★

>> ケミカルフリーシンプルスキンケア道場 <<


Image courtesy of Darren Robertson. Photo at FreeDigitalPhotos.net


シェアお願いします 

 
Back To Top
Copyright © 2014 ナチュラル美人のつくりかた. Designed by OddThemes