キレイな人は始めてる!プロバイオティクスと美肌の関係




最近プロバイオティクス(Probiotics)が日本でも広く知られつつあります。
でも、耳にしたことはあるけど、正しくプロバイオティクスとは何なのか、を説明できる人は少ないのではないでしょうか。



乳酸菌でしょ?
便秘に効くサプリの一種でしょ?
花粉症やアトピーにも効果があるんでしょ?

いやいや、それだけではありません。

プロバイオティクスは健康体(=美肌も含む)の根本をサポートしてくれる、と言っても過言ではないのです。

肌の調子がよくない。
風邪をひきやすい、治りが悪い。
免疫力が落ちてすぐにカンジタや膀胱炎にかかる……

そんなときにはプロバイオティクスがいいかもしれません。

欧米圏では「抗生物質を飲むなら同時にプロバイオティクスも」「健康維持のためにビタミンよりプロバイオティクス」が今や常識となっています。


プロバイオティクスとは?


英国の微生物学者Fullerによる1989年の定義:

腸内フローラ(腸内菌叢)のバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物

またこれらを含む食品やサプリを「プロバイオティクス」と呼ぶ事もあります。
「おなかにやさしい」乳酸菌であるビフィズス菌やヤクルトの「乳酸菌シロタ株」もプロバイオティクスの一種です。(注:すべての乳酸菌がプロバイオティクスといえるわけではありません)またぬか漬け、納豆、味噌なども植物性乳酸菌と呼ばれ酸に強く腸までまで届くプロバイオティクス食品です。



腸内フローラ(腸内菌叢)とは


私たちの腸内には400種を越える、約100兆個、重さにすると約1キロもの腸内細菌が存在しています。これら個々の腸内細菌が集まって、複雑な微生物生態系を構築しています。この微生物群集を腸内フローラ、または腸内細菌叢と呼んでいます。

この中には善玉菌や悪玉菌が存在し、その構成は食習慣や年齢などによって一人ひとり異なっているのです。近年の研究ではその腸内フローラによって免疫能力が変化してくることが解りました。

つまり人体の健康の度合いにおいて、腸内菌のバランスが重要な役割を果たしているのです。腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分類することができます。

★ 善玉菌
ヒトの体に有用な働きをする菌
→ビフィズス菌、乳酸菌など
主な働き:
・糖分・食物繊維で増える
・腸内を酸性にして、悪玉菌や病原菌の活動を抑える
・免疫力を高める
・下痢や便秘を防ぐ
・ビタミンB群の合成
・発がん性物質を無害化する


★ 悪玉菌
腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌
→ブドウ球菌、ウェルシュ菌など
主な働き:
・タンパク質やアミノ酸で増える
・細菌毒素や発がん性物質など有毒物質を生産
・ガスを生産


★ 日和見菌
数としては一番多く、普段はあまり影響を与えない。
腸内のバランスが善玉菌・悪玉菌のどちらかが優勢になると、
優勢なほうに加担する
→大腸菌、バクテロイデスなど

善玉菌が優勢な場合、
・ビタミンを合成したり、病原菌感染を防ぐなど
悪玉菌が優勢な場合、
・腸内の腐敗、発ガン物質の生産、ガスを生産するなど


参考:堀之内病院「プロバイオティクスとプレバイオティクス」




アトピー、ニキビ、アンチエイジング!プロバイオティクスの美肌効果



プロバイオティクスが腸内フローラのバランスを保つことで、腸内の炎症を抑え、素早く、効果的な消化が行われます。90年代中頃から腸内細菌と腸の健康について多くの研究が発表され始めました。そして近年、この腸内細菌の持つ抗炎症作用が肌に塗布した場合にも有益であることが解明されはじめています。

ご存知の通り食べ物と肌のコンディションは深く関係しています。もっと詳しく言えば消化と肌、と言い換えることもできます。食物繊維の少ない、精製した炭水化物や食物は消化、ひいては腸の動きを鈍くします。腸の働きが鈍ると腸内のバクテリアが変質し始めるのです。

こうなると腸内に留まるはずの分子が、血中ににじみ出て行きます。これが体内システムの炎症のトリガーとなり、ニキビやアトピー、その他乾燥や肌の赤みなど肌の炎症をも引き起こすのです。

砂糖や果糖などの単純糖質などの炎症物質を避けることも大切ですが毎日の生活にプロバイオティクスを取入れることで腸内フローラのバランスが整い、肌トラブルは大きく改善するのです。

 

次に「来る」のはプロバイオティクス配合コスメ?

プロバイオティクスが「体の中」で働いて炎症を抑えるのはもちろんなのですが肌に塗布することでも抗炎症作用があることがわかってきています。残念ながらまだしっかりとしたエビデンスはなく、民間療法の域を出てはいません。

でも実際に米国の皮膚科医の中にはニキビ治療としてプロバイオティクスの内服、塗布を勧めている人も。プロバイオティクスの内服と同時に週2回、市販のギリシャヨーグルトをパックとして使って多くの患者さんに改善がみられたとか。

そして今、多くのコスメブランドが商品開発を進めているのが「プロバイオティクス配合コスメ」です。すでにACUREやTULA、AURELIAなどの米国自然派コスメブランド、更にはクリニークもプロバイオティクス配合のモイスチャライザーやマスクなどの販売を開始しています。

ただ、従来「体内に取り込むもの(この場合はプロバイオティクス)」を外用にする場合、少し話が変わって来るようで……

多くのメーカーは「活きたプロバイオティクスバクテリア」をコスメアイテムに配合するのではなく「バクテリアの断片」もしくは「代謝物質」を使用しています。これは2015年現在、肌に外用として使用する場合、活きたバクテリアの方が断片よりも効果がある、というエビデンスがないからなのです。

逆に言えば、しっかりとしたエビデンスが発表されればすぐにでも「活きたプロバイオティクス細菌配合!!」というコスメが市場にでることでしょう。

もうひとつ、今化学者の世界で「ホット」なトピックは特定の菌株が、特定のスキンプロブレムに効果を発揮するかどうか。これがエビデンスとして確証されれば、一人一人の肌コンディションやトラブルに合わせた、まさに「テイラーメイド」のプロバイオティックコスメを作る事が可能になるのです。



「どれでもいっしょ」じゃない。プロバイオティクスの選び方



私は以前、アトピー治療中ナチュロパスにこんな説明を受けました。

プロバイオティクスは例えれば、犬みたいなもの。
警察犬に向いているのはシェパード、
スニフドッグにはビーグル、
盲導犬にはラブラドール……
こんな風に○○の症状にはXX菌株が効果的、とわかっているの。
だから改善したい症状に合った菌株のものを選ばないと意味がないのよ

*スニフドッグ(sniff dog) 空港などにいるニオイで密輸品を見つける犬

(→ 大人アトピー完治!【ナチュロパシー編/アトピー治療に必要なサプリとは】


以下広義に言われている、プロバイオティクスの選び方です。

【日々のメンテナンス、健康、美肌維持】

 体内には30〜40菌種の腸内細菌が存在しています。これと言った疾患やトラブルがない場合、できるだけ多くの種類の菌株が配合されたプロバイオティクスを選びましょう。


【海外旅行にいくなら】
  • サッカロミケス・ブラウディ Saccharomyces boulardii
数週間前から飲むことで、消化不良や水が変わった事による下痢などを起こしにくくしてくれます


【乳糖不耐性】
  • ラクトバシラスブルガリクス Lactobacillus bulgaricus
  • ラクトバシラスアシドフィルス Lactobacillus acidophilus
  • ストレプトコッカス‐サーモフィルス Streptococcus thermophilus


【「IBS」(過敏性腸症候群)】
  • ビフィドバクテリウムインファンティス35624 Bifidobacterium infantis 35624
  • ラクトバシラスプランタラム 299V Lactobacillus plantarum 299V
  • ビフィドバクテリウムビフィダム MIMBb725 Bifidobacterium bifidum MIMBb75


【抗生物質を飲んでいるのなら】
  • ラクトバチルスGG Lactobacillus rhamnosus GG
  • サッカロミケス・ブラウディ Saccharomyces boulardii
*上記二種どちらか、または両方を抗生剤を飲んだ6時間後に飲む。抗生剤が終わったあとも1~2週間摂取を続けましょう


【アトピー】
  • ラクトバチルスHN001 Lactobacillus rhamnosus HN001
  • ラクトバチルスファーメンタムVRI-003 PCC Lactobacillus fermentum VRI-003 PCC
*特に小児のアトピーによるかゆみや鱗状肌に効果的


【風邪】
  • ビフィドバクテリウムアニマリスラクティスBi-07
  • ラクトバシラスアシドフィルスNCFM Lactobacillus acidophilus NCFM
*風邪やインフルエンザの罹患期を短くし、症状を軽く抑える


【カンジタ膣炎、膀胱炎など】
  • ラクトバチルスGR-1 Lactobacillus rhamnosus GR-1
  • ラクトバチルスRC-14 Lactobacillus reuteri RC-14

【口臭、歯肉炎、歯周炎】
プロバイオティクス配合トローチやマウスウォッシュ


プロバイオティクスはもちろんヨーグルトからも取れますが、サプリが一番効果的且つ続けられると思います。やはり海外のものの方が種類が多いので「アメリカから直輸入!」というようなショップを探してみてください。


【毎日のメンテナンス用】




ベリードフィルス チュワブル型乳酸菌サプリ エクストラストレングス 高含有タイプ



一粒中に10種、10億個の善玉菌が
バランスよく配合されています








【アトピー対策など】


Culturelle(カルチュレル)


ラクトバチルスGG(LGG乳酸菌)はプロバイオティクスの中でも一番多く研究されている菌種です。アトピーならこれ!という菌種なのですが日本では配合サプリは少ないようです。

ヨーグルト大好き!ならタカナシ乳業のおなかへGG!シリーズでもいいかもしれません。




プロバイオティクス、スーパーフードより信頼できます


私2009年のアトピー治療の頃、1年程プロバイオティクスを飲んでいましたが今回プロバイオティクスが乳酸菌だと言うことに初めて気がつきました…… 

健康維持、そして美肌作りのとても強い味方となってくれるプロバイオティクス。アサイーやチアシード、ココナツオイルなどのスーパーフードを取入れるよりも、確実にいいことがあると私は思っています(笑)







Image by patrisyu at FreeDigitalPhotos.net
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.