ニュージーランド移住に必要なマインドセット



今年のダニーデンはエルニーニョのせいで、過去30日中27日、強風〜暴風が吹いています。
「風の街」の称号、ウェリントンから余裕で奪取できるでしょ……。



そして我家の車庫の屋根、一ヶ月前の暴風のおかげさまで半壊です。
更には保険の許可が降りて3週間経つのに、大工(Builder)から未だに連絡なし……

こういうときです。
ニュージーランド移住の向き・不向きが現れるのは(笑)

ニュージーランド移住に向いている人ってどんな人だろう?


てなわけで今日はニュージーランド移住に向いてる人はこんな人!という
私の個人的見解を語ってみようかと思います。

23年間のニュージーランド生活で(詳しくはabout meをどうぞ)

  • 留学生仲間
  • スタッフとして面倒をみる留学生
  • 一緒に働く同僚、上司
  • 遊び友達
  • ママ友

色んな関係で色んな日本人に出会ってきました。

ニュージーランド生活を満喫できる人。
ニュージーランド生活に倦んでしまう人。

ふたつのタイプの人がいますが、
そんな人達に共通する違いは何かと言えばズバリ

都会と田舎、どっちが好きか
意識を切り替えて、状況を楽しむことができるかに尽きるんだなぁ。




ニュージーランドは小地方都市


独断と偏見アリアリで、世界主要各国を日本の都市に例えてみるならば


アメリカは東京。
イギリスは京都/大阪。
ドイツは名古屋。
フランスは神戸。
イタリアは横浜。
カナダは北海道。
オーストラリアは福岡。

そしてNZは
「県」ではなく
「市」でもなくて
「郡部 」だと思う(^^;

駅前にはある程度大きなデパートと商店街がある。
電車やバスも通っているけど、本数が少なくて自家用車がないと不便。
でも自然がたくさんあって、子供達はのびのびと育っている……

そんな「第一村人発見!」のダーツの旅のようなところ。
それがニュージーランドです。

東京で暮らして、VERYを愛読して都会的なファッション、ライフスタイルを好む人が
郡部の暮らしに馴染むのは、そりゃ〜大変。時間、そして意識の切り替えが必須条件です。




「意識の切り替え」ができるかどうか


ニュージーランドって、
その辺を走り回ってるだけで楽しい子供、
自然を愛でることができる40歳以上の大人、
そして何よりアウトドア派にはとっては楽園だと思います。

でも遊びたい盛りの若い人には退屈の極みと言えるかも。

カラオケ
ボーリング
ゲームセンター
パチンコ……

言うなればテクノロジーを使った、人工の遊び場が少ないわけですよ。

従って留学生の多くは口を揃えて言います。
退屈〜!!!って。

でも
日本は日本、NZはNZ。今しかできないことをしよう」と考え方を
切り替えることができた子は違う。

昼間は日本ではできない、自然の中で遊ぶ。
地元のクラブチームに入って、スポーツに打ち込む。
地元の若者がする夜遊びを一緒に楽しむ。

こんな子こそが英語力も伸びて、所謂留学の成功者になれる子。

移住者も同じです。

「NZなんて何にもない」「不便で仕方ない」とネガティブ探しをしている人は、まったく楽しくない毎日を送るハメになります。



幸せは自分のこころが決める


  • 10分で100個は貝が採れる潮干狩り(当然タダ)。
  • 夏は夜10時近くまで明るいので、5時に仕事を上がってからゴルフ、ハーフラウンド。
  • 快晴の日曜日、誰もいないビーチで人がいな過ぎて逆に不安になること。
  • 毎年11月には新ラム肉に舌鼓。


ハデな楽しさは少ないかもしれない。
でも地味な幸せはたくさんあるのがニュージーランド。

同時に、もちろんいい事ばかりではないニュージーランド。

車庫の屋根が半壊してるのに3週間そのまま……というような、日本人的にイライラさせられることは日常茶飯事だったりします。

  • なぜ12月24日から2月まで、学校の夏休みに合わせて朝の情報番組(ニュースも含む)も休みを取る?!
  • なぜ古いドラマの最終回が終わった翌日、同じドラマがまた初回から始まる?!

  • なぜ「ギフト包装」をお願いしたら、手提げ袋にカラーペーパーを丸めていれて、その上に商品をポイっと入れただけで「ハイ^^」と満面の笑顔で差し出す?!(@スタバにて)

こんなことをポジティブに捉えて、笑い話にできる。
この能力がないと、ニュージーランド移住(というか、外国への移住)は
ある意味難しいと思うのです。


地味な幸せを幸せと認めて味わえること。
イライラすることを笑い話にできる度量。

それがニュージーランド移住のカギのような気がします。














写真:Lake PukakiからNZ最高峰、Mt Cookを望む




© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.