BREAKING NEWS

ニュージーランド永住権【技能移民部門編】


ニュージーランドの永住権って取るの難しいの?と聞かれることがあるので、「ニュージーランド永住権」の取得方法について書いてみようと思います。



いくつかの部門に分かれているのですが、まずは【技能移民部門編】。
技能移民部門は日本人の申請数が一番多く、一番申請しやすい部門と言えます。

まずはこの部門での永住権申請の流れをみていきましょう。


技能移民部門 申請の流れ

1 自己査定


最初のステップは「永住権申請しよう!」ではなくて
「永住権申請する資格があるかチェックしよう」です。


【最低基本条件をクリアしていますか?】

  • 健康であること
  • 犯罪歴がないこと
  • IETLS 6.5以上の英語力があること
  • 満55歳以下であること

技能移民部門部門の申請資格はポイント制

上記最低基本条件をクリアしていて
且つNZ移民局規定の得点数、100ポイント以上があれば
第一段階EOI (Expression of Interest)を申請することができます。

得点数は学歴、年齢、雇用保障(Job offer)の有無などによって異なります。

★ ポイントリストはこちら
 
★ 大まかな自己採点はNZ移民局のページでどうぞ → Points Indicator


2.  EOI (Expression of Interest) 提出

ポイントが100ポイント以上であれば書面、
もしくはオンライン申し込みフォームを利用してEOIを提出することができます

→ Apply Online(アカウント作成が必要です)



3. EOIセレクション/NZ移民局による審査、検証

2週間毎にEOIセレクションが行われます。
これは簡単に言うならEOIを篩(ふるい)にかける、第一審査。

2015年10月現在、
140ポイント以上であれば、まあまあ安心。
140ポイント以上で、更にジョブオファーがあればほぼ大丈夫。

100以上140以下でもジョブオファーがあれば、
通過の可能性は高いです。

セレクション各回の結果はNZ移民局ホームページで公表されています。

Fortnightly Selection


3. "Invitation to Apply"


あなたのEOIがセレクションに通ったら、移民局から連絡があります。
この段階でようやく永住権申請開始です。

NZ移民局より学歴や職歴等必要書類の提出を求められます



4. 永住権申請受理/審査開始


書類が揃ったらCase Officerにより審査開始です。

結果が出るまでの時間は神のみぞ知る、というところ。

申請時期、申請地域、申請内容、職種などにプラスして
NZ移民局の仕事量、Case Officerの性格、
更にはなどにもよる……というのが正直な感想。

この段階でかなりイライラさせられることがしばしばなのですが
これに耐えられないようではNZでの暮らしは
向いていないかもしれません(^^;



5. 永住権発行、もしくは申請棄却


審査に通ればめでたく永住権発行。

逆に虚偽申請が見つかったり、
ニュージーランドが求める人材ではないと判断された場合には
残念ながら申請棄却とされます。



EOI通過のための重要ポイント その1【英語力】


技能移民部門での申請成否のカギを握るのは
英語力、そしてジョブオファー(雇用保障)と言えます。

まず最初の難関が英語力(IELTS6.5以上)ではないでしょうか。

IELTSはニュージーランド、オーストラリア、カナダ、南ア、アイルランドなど
イギリス圏のほとんどの教育機関で採用されている英語検定です。

テスト形式がかなり異なっているため、
英検など他の英語力テストとの比較は難しいのですが
IELTS6.5とはこんな感じみたいです。

  • 英検準1級〜1級
  • TOEFL97~104
  • TOEIC840~900


高い英語力を証明することができれば、
IETLSテストが免除される場合もあります。

  • NZ移民局が認める教育機関における、100%英語での授業の修了証がある
  • ニュージーランド国内で、政府の指定する技能職リストに指定されている職に、過去1年以上前から現在も就職中である
  • 上記二点以外の方法で、高い英語力があると証明することができる


「英語力」は、永住権取得後ニュージーランドで
生活することを考えれば当然必要な能力。

そもそも「技能職」として働くことを大前提とした
「技能移民」としてビザ申請するのですから
高い英語力を求められるのは当然かもしれません。



EOI通過のための重要ポイント その2【雇用保障(Job Offer)】


高配点のポイント課目を書き出してみると:

  • 年齢:20〜29歳 (30ポイント)
  • 技能雇用:12ヶ月以上NZ国内で指定技能職についている(60ポイント)
  • 技能雇用での職歴:10年(30ポイント)
  • 学歴NZQA認可のLevel 9~10の資格(修士・博士号レベル)(60ポイント)

20〜29歳で大卒資格を持ちつつ、技能職歴10年は無理としても(笑)
NZ国内での技能職歴12ヶ月以上+大卒であれば120ポイント。
20〜29歳なら年齢ポイント30ですから、トータル150ポイント。
EOIラクラク通過です。

技能雇用のポイントをゲットするには、現在NZ入りしている必要はありません。
申請時点では日本にいるけれど、NZ国内の雇用主からの
Job Offer(雇用保障)が出ているだけでも50ポイント加算されます。

→ ポイントリスト詳細



【最重要!!】

その雇用保障されたポジション、
List of Skilled Occupations(NZ政府が指定する技能職リスト)に
含まれていますか?

100ポイント以上あっても、リストに含まれていなければ
EOIを申請することさえもできません

例えば29歳のAさん。

高校生の頃からスタバでバリスタとしてアルバイト。
4年制大学在学中にIETLS6.5を取得。

大学卒業後、カフェで本格的なバリスタとして勤務。
その後ワーキングホリデービザを利用してニュージーランドへ。

これまでの経験、英語力、そしてバリスタとしての腕を活かし、
地元のカフェでのバリスタの仕事をゲット。
永住権申請にあたり、カフェオーナーに雇用保障をしてもらうことになった。

IELTS6.5も再度取り(注:IELTSの有効期限は2年間)、
日常会話もバッチリ問題なし。

永住権、取れない理由がない!!

……
…………
………………でもダメなんです。

なぜならバリスタは技能職リストに含まれていないから。
 
99%が条件を満たしていても、
職種が技能職リストに含まれていなければ、
技能移民部門では申請さえもさせてもらえないのです。

ニュージーランド移住を考え始めたら、
まずはあなたの職種が技能職リストにあるかどうかを確認しましょう。

→ List of Skilled Occupations(NZ政府が指定する技能職リスト)



今の仕事では申請できない!そんなときの最後の手段


もしもあなたの職種が技能職リストになく、
技能移民部門でのニュージーランド永住権申請ができないとしたら。

現在の職種を続けていくことよりも、
今はニュージーランド移住が目標であれば
少し遠回りになりますが道はあります。

ニュージーランド国内の大学、もしくは専門学校留学をして
技能職リストにある職種の資格を取り、
卒業後ジョブオファーを得ることです。

規定以上のコースを卒業するとPost-study work visa (open)という
1年間の就労ビザを申請することができます。

ニュージーランドの就労ビザ(Work Visa)は、
雇用主からのジョブオファーなしには取得できません。

「ある特定のポジションにNZ市民/永住者の適任者が見つからなかったので
外国籍の人を雇用する必要がある」

こんな理由があり、雇用主もいくつかの手順(NZ全国に求人広告を出すなど)を踏んで、
申請するのが就労ビザです。

ですから就労ビザ取得後は転職することはできません。
その場合には新しい雇用主を通して、再度就労ビザを取る必要があります。

それに対してPost-study work visa (open)(オープンワークビザ)は
就労ビザの一種ではあるのですが、
雇用主からの「ジョブオファー」は必要なく、
ニュージーランド国内のどこの会社ででも働くことができます。


【永住権申請へのステップ】


専門学校/大学卒業後、1年間のオープンワークビザを利用して就職



雇用主からのジョブオファーを得ることができれば
2〜3年のPost-study work visa (employer assisted)に切り替え



永住権申請


もちろん遠回りだし、金銭的な負担もかかりますが
投資家部門のようにお金で解決(笑)できない場合には
この方法……

もしくはあなたがまだ20代で時間があるとしたら
ワーホリからつなげていく方法も考えられます。


→ ご利用は計画的に。永住権につなげるワーキングホリデー




ボトムライン 〜まずはリストチェックと英語力

ニュージーランド移住、そして永住権の獲得がぼんやりとでも頭に浮かんだら、
まずは技能職リスト、そして英語力のチェックをしましょう。


Good luck!













↑事前予約必要なしのオンライン英会話レッスン。
NativeCAMP会員登録へ




今日の写真:絶滅危惧種、イエローアイドペンギン(HOIHO)。
ダニーデン近郊はこの貴重な「森のペンギン」を観察できる唯一のエリアです。

シェアお願いします 

 
Back To Top
Copyright © 2014 ナチュラル美人のつくりかた. Designed by OddThemes