2輪でGO!  〜3歳11ヶ月で自転車クリアした息子の場合



息子、今日は幼稚園に仮面ライダーの本を持って行きました。



もちろんお友達も先生も、仮面ライダーが何たるかを全く知りません。
きっと一生懸命つたない英語で説明するんだろうな……と息子を愛しく思いつつ

母からひとつだけヒントを。
英語でMasked Riderって言うんだよ

 ……お友達に仮面ライダーのコンセプトが通じたかどうかが気にかかります。

仮面ライダー達も最初からバイクに乗っていた訳ではない。
はじめの一歩は自転車だったハズ。

今日は子供にとって、そしてもちろん親にとっても大事(おおごと)な、
自転車への乗り換えについて語ってみたいと思います。


3歳11ヶ月で自転車クリア


我が息子タローは3年弱の不妊治療の末、
IVFで授かった大切な大切な息子です。

大切な大切な息子……ではあるのですが、
それがそのまま子育てに反映されているかと思えばさにあらず。

1人目とは到底思えない子育てしてるよね」と評される我家の子育て。

よく言えば大らか。
悪く言えばほったらかし

おっちゃんは
「何事も経験することで知識が積み重なって行くんじゃ」という主義なので
赤ちゃんの頃から基本他の人の迷惑にならない限り、
やりたいことを止めることはしていません。

「やりたいこと」と言っても所詮乳幼児。

虫がいた → 触ってみたい
泥がある → 触ってみたい
枝が落ちてた → 触ってみたい
花が咲いている → ニオイ嗅ぎたい
高いところがある → 登ってみたい

こんな程度のことなので、危険がなさそうな限りはやらせっぱなしです。
その結果毎日汚れまくってますけどね(^^;



 危険なことの例 
秋の名物、ベニテングダケ(Toadstool)。
これはあったら確実に「見ろ見ろ、よく見ろ」と見せますが、
同時に「絶対触るな!」と厳命もします


「乗る」おもちゃ第1段階:バランスバイク

 



歩く事が上手になってきた1歳8ヶ月頃、
バランスバイク(日本ではランニングバイクって言うのかな)購入。

このペダルなし、ブレーキなしの自転車 、ニュージーランドでは非常にポピュラーで
公園に行くと必ず2〜4歳位の子どもたちがブイブイ乗り回しています。

タローも最初はおっかなびっくり……で、
なかなか両足を地面から離してスイ〜っとは進めませんでした。

でも慣れてくるに連れて、坂道だろうがカーブだろうが、余裕。
気がついたら強く一蹴りする度に両足を離して、
バランス取りながら進めるようになってました。

爪先だけでも足がつくようになれば、乗れるようにはなります。

そうそう、日本ではブレーキ付きのものもあるようですが
個人的にはいらないと思います。

4、5歳なら使いこなせるかもしれないけど、2、3歳児には無用の長物。
底が擦り減ってもいい靴を履かせてください(笑)




「乗る」おもちゃ第2段階 スクーター






そして次の段階はスクーター(キックボード)、2歳8ヶ月の時。
ちょっと年上のお兄ちゃん達(4、5歳)がスクーターに乗ってるのをみて
「タローも〜!」と。

かっこいい!!と思ったのか、スクーターを手に入れるまでの間、
バランスバイクを片足だけで漕いでました(笑)

この時少々悩んだのが、3歳未満に普通のスクーターって早過ぎるのでは?と言う点。

商品みても、対象年齢4歳以上と記載されてるし、
スクーターの有名メーカー、スイスのマイクロ社なんて
11歳まで3輪スクーターを勧めてるわけですよ。

それを三歳未満が2輪の通常モノで良いのか……?と。

 しかしおっちゃんの鶴の一声。
そんなもん、3輪に慣れたら2輪に移行するとき苦労するだけやんけ
 ……そりゃそうです。

更に
もうちょっと大きくなったら友達から『お前まだ3輪?ダッセ〜』とか言われんで
 ……男の社会とはそんなもんか。

そして普通の(4歳以上用)スクーター購入。

高さが合わなかったので、ハンドル(Tの字の縦棒部分)をギコギコとカットして
身長95cmに合うようにしました。

初めはちょこちょこ足をつけながらゆっくり小刻みに進む……という感じでしたが、
初級ステージ卒業早かったです。

一度もハデに転ぶことなく、あっという間にスクーターもクリアしました。



「乗る」おもちゃ第3段階 自転車


そして3歳11ヶ月、とうとう自転車に辿り着きました
もちろん補助輪なし!

4歳の誕生日プレゼントは自転車とずいぶん前から決めていたのですが
一ヶ月フライングで渡すことに……

親も子もドキドキの初乗りでしたが、
最初の走り出しは後ろを押さえて2、3歩押してパッと離すと……

もうフツ〜〜〜〜〜〜に乗れた(笑)
 
何回かは転んだりするだろうなと思っていたのですが、
転ぶこともなく、ほんとフツ〜〜〜〜〜に乗れてた。

ただ身長105cmに14インチの自転車は少し大きくて、足がしっかり地面につきません。
そのため走り出しの補助は必須、更に「慎重に倒れつつ降りる」って感じですが。

それにしても自転車一発クリアできたのは
バランスバイクスクーターで鍛えた結果だと思います。

右に傾いたら左に立て直して……っていうバランスの取り方が
しっかり身についていました。


ボトムライン


小さい間はやっぱり色々と心配ですから倒れる心配のない車輪モノ……
三輪車や補助輪付き自転車を選びがち。

でも子供って親が思う程、ニブくないな、と(笑)

最終的に自転車に乗ることを考えると、足が地面に届くようになったら
バランスバイクをお勧めします。

周りをみても、バランスバイクをブイブイ乗りこなしてた子は
一発で補助輪取れてますし。 

補助輪に慣れた状態から補助輪を外す練習をするよりも
バランスバイクに乗れるようになる方が、本人も親もラクチン。

1〜2年間、時間をゆっくりとかけて自転車の練習をするようなものですよ。


    

さて、バランスバイク、スクーター、自転車をクリアしたタロー。
次は何かと言えば、本人的にはスケボーらしい……

別にいいんですけどね、父母教えてあげられないしなぁ、とちょっと躊躇しています。










© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.