オタゴハイランダーズとオタゴ大。NZの「今」を日本から観るなら





さて、あっという間にもう12月21日。暮れも押し迫って参りました。
 ニュージーランドではクリスマスがお正月みたいなもんなので、Xデーまであと4日。

なんというか街中がワサワサした感じです。



幼稚園も含む学校はすでにクリスマスホリデー(夏期休暇)に入っています。
新年度、Term1(第一学期)は来年2月始まりですので、日本の夏休みと同じように約1ヶ月半の夏休みです。


ラグビークレイジーだった2015年


2015年、ダニーデンはラグビークレイジーな年だったような気がします。
日本の田中史朗選手も所属する、スーパーラグビーに参加している
オタゴハイランダーズが悲願の初優勝、そしてラグビーワールドカップ初の二連覇。

ハイランダーズの優勝は我家では「まさか」の出来事でした(^^;
 ……というのも長らく毎年ヘボヘボの戦果だったこともあり、
地元チームではあるものの、我家ファンではないんです。

これは個人的な好みなのだけど、ハイランダーズは
「華麗なパスワーク」とか「セットプレーが決まった!」というような
スマートなプレーじゃなくて、フォワードがグイグイ行って
「トライ?ビデオで見てみましょう……トライだー!!」という力技が多いので、
見ていてなんかスッキリしない。

やっぱりね、相手のパスをスティールして、そのままダーッと走りつつ
3、4人タックルかわしてトライ!!の方が応援もしがいがあるというか。

そんなハイランダーズ、ダニーデン出身の人気バンド"Six60(シックスシクスティ)"の
今年のヒット曲、White Linesに合わせて楽しそうにしてます。

田中選手も他の選手と仲良しそうで何となく一安心(笑)






 オタゴハイランダーズTVというオンラインのオフィシャル番組があるのですが、
ゆる〜くてなかなか面白い(笑)田中選手相撲取らされてます。







 Six60 "White Lines" NZの「今」を感じるMTV


上で紹介したハイランダーズのビデオの曲、Six60 "White Lines"。

この曲のオフィシャルMTVはNZの「今」を感じるMTVに仕上がっています。
仕上がっている……というか、一般投稿動画をエディットしたものだけに、
ニュージーランドの街を歩いてすれ違う、ニュージーランドの人達そのものなのです。





ちなみにSix60(シックスシクスティ)のバンド名の由来は、
彼らがフラッティング(シェアハウス)していた
Castle Streetのフラットのストリートアドレスです。

ビデオの一番初めに映る、ストリート一杯の若者達。
ここが悪名高い(笑)Castle Streetです。

オタゴ大学に近いこの通りはすべて学生フラットで、
ことあるごとにストリートパーティが開かれています。
当然警察消防署市役所のノイズコントロール、すべて総動員。

実はオタゴ大学、古くからこのストリートパーティが代名詞のようなところもあるのです。
「NZでで一番古い大学」「医学部、歯学部ならオタゴ大」という評判と同じ位高いのが
「パーティアニマル」と言う評判だったりして(笑)

1999年にはオタゴ大生のフラット生活をモチーフにした"Scarfies"という映画も公開されています。
Scarfies(スカーフィーズ)とはオタゴ大生を指すあだ名のようなもの。
ハイランダーズカラー(青/黄)のマフラー(スカーフ)を着用している学生が多いので
そう呼ばれます。

ともあれ、このMTVはニュージーランドの「今の」雰囲気、
そしてハイランダーズTVはダニーデンの街を観るのにとてもいい番組ですよ。

ニュージーランド旅行、ダニーデンへの留学を考えているあなたに、ぜひ観て欲しいです。














今日の写真:ダニーデンシティの中心、オクタゴンのクリスマスツリー
© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.