飲む日焼け止めは敏感肌の救世主になれるか?


今年もまた、デイリーモイスチャライジング クリームジェルSPF10で、NZの夏を乗り切ってしまいました。それどころか、これだけ軽い日焼け止めでも夕方になるとなんとな〜く肌塞ぎな感じがして、塗らない日も結構あったりして


紫外線がどれだけ肌老化の原因になるかということがよ〜〜〜くわかっていて、それでも日焼け止めはできる限り塗りたくない。
そんな日焼け止めギライな私がこの夏、紫外線対策として投入したのがつば広女優帽飲む日焼け止めサプリでした。

飲む日焼け止めとは?


海外では数年前から、日本では去年あたりから人気が出てきた飲む日焼け止め
現在は2種類の有効成分が使用されていて、嬉しいことにどちらも自然原料なのです


有効成分その1はFernblock(ファーンブロック)
ダイオウウラボシ(Polypodium leucotomos)というシダ科植物から抽出したエキスで、アメリカで研究、開発されました。塗っても飲んでも効果あり!とのこと。

そして2つ目はNutroxSun(ニュートロックスサン)です。
こちらの原料はローズマリーと柑橘系のエキスで、スペイン企業と大学の共同研究・開発されました。定期的に摂取することで24時間防御作用が続きます。

飲む日焼け止め、飲んでも「日焼け」はします


「飲む日焼け止め」と聞くと「これを摂っていれば日焼けはしない」と考えがちですが、実はそうでもなさそうです。紫外線に当たっていれば、ある程度黒くはなります。

「色白は七難隠す」と昔から言いますよね。
日本(というかアジア)は文化的に日焼けのない、白い肌が好まれているのです。

対して西洋圏ではオリーブ色に日焼けした肌が好まれ、夏ともなれば皮膚ガン罹患率の高さもどこ吹く風、老若男女こぞって太陽の下に飛び出して肌を焼きます。

では「飲む日焼け止め」の効用は何かといえば、光老化を劇的に遅らせてくれるという点。
日焼けをすることによるマイナス面、肌が赤くなってヒリヒリする(サンバーン)とか、シワや肌のハリが失われる肌老化、シミなどの色素沈着、局部的な免疫低下、DNA損傷から肌を守る働きをしてくれるのです。

結論:白い肌を守るためには「塗る日焼け止め」は不可欠


敏感肌だったり、ただ日焼け止めの使い心地がキライだったり、面倒臭かったり
日焼け止めイヤだな〜という方も結構多いんじゃないかな、と思います。
私も正直使わないで済むなら、進んで使いたくなかったり.....

そんなこともあり、NZで日差しが強くなりだす10月頃から3月まで約5ヶ月ほど、フォローアップのつもりで今年は飲む日焼け止めサプリ(Go Sun UVプロテクト)を取り入れたのでした。

飲む日焼け止めサプリにプラスして、外からのケアは日中外に出るときにはデイリーモイスチャライジング クリームジェルSPF10。プラス、つば広の顔に影ができる帽子。
このケアで今のところまだシミは現れていないかな....

西洋人の理想は上に書いたような日焼けのマイナス面なしに、小麦色肌を手に入れたい!ということなので(だから今海外ではフェイクサンタンクリームが大人気です)、日焼け止めサプリはそこをカバーしてくれるアイテムと言えるかも。

「絶対黒くなりたくない」という日本人女性はW使いがおすすめです。
「今」の白い肌を守るためには塗る日焼け止め、
「近い将来」起こる肌老化を遅らせるためには飲む日焼けどめを摂りるといいかも。







© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.