カカイオイル(Cacay Oil)- 「今」最注目のミラクルオイル



ローズヒップオイル、アルガンオイル、クランベリーオイルにグレープシードオイル.......ナチュラル、ケミカルに関わらず、一定の期間ごとに現れるミラクルオイル

そして今スポットライトを浴び、「ミラクルオイル」の称号を欲しいままにしている現役チャンピオンがカカイオイル(Cacay Oil)です。




カカイオイルがアンチエイジングに効く理由



カカイオイルとは、南米のジャングル原生「カカイ(Caryodendron orinocense)」の実を冷搾したもの。このオイルの栄養価の高さ、かなりハンパありません。


カカイオイル
リノレン酸 75g
ビタミンE 85ml
ビタミンA(トレチノイン)1142UI

これ、過去の2大チャンプと比べてみますと:

ローズヒップオイル
リノレン酸 46g
ビタミンE 60ml
ビタミンA(トレチノイン)416UI

アルガンオイル
リノレン酸 32g
ビタミンE 60ml
ビタミンA(トレチノイン)なし


....カカイオイルぶっちぎり。
これらの数値からカカイオイルの抗酸化力=アンチエイジング力の高さ、王座奪取の理由も納得です。

参考:
https://merumaya.com/blogs/news/cacay-oil-the-new-miracle-beauty-oil


現役チャンプ・カカイオイル vs 歴代チャンプ













・ビタミンA  
カカイオイル>ローズヒップオイル

栄養価的にも、商業成績的にも優れたローズヒップオイルですが、カカイオイルのビタミンA含有量はこのローズヒップオイルの3倍量。ビタミンA(レチノール)は言わずとしれたアンチエイジング栄養素です。


・レノリン酸 
カカイオイル> アルガンオイル

アルガンオイルもリノレン酸の高含有量を誇っていますが、カカイオイルの含有量は2倍近くと言われています。
肌細胞の保護外膜を作る働きをするレノリン酸=オメガ6(多価飽和脂肪酸)は人体で生成はできないので、経口摂取、もしくは肌に塗ることで取り込む必要があります。


・ビタミンE(トコフェノール)
カカイオイル>アルガンオイル

アンチエイジングに欠かせない栄養素といえばビタミンE(トコフェノール)。
アルガンオイルはビタミンEを多く含むことでも知られていますが、カカイオイルはここでもさらにその上を行き、約1.5倍量のビタミンEを含んでいます。



カカイオイルを使うべき3つの理由


1.  アンチエイジング対策
ビタミンA、レノリン酸、ビタミンEは肌老化と戦う際に欠かせない栄養です。これらをバランスよく大量の含んでいるカカイオイルは、当然ながらアンチエイジング力の強いオイルということができます。
目元の小じわやほうれい線、頬などに1~2滴使用するだけで、2~3週間で効果が実感できると言われています。

2.  傷あとや妊娠線を薄くする
カカイオイルに含まれるビタミンや脂肪酸の配合比率は、皮膚の再生を促す黄金バランスとも言えます。毎日のルーティンケアとして、気になる箇所に1~2滴使用しましょう。キレイに消えた!とまでは行かなくても「近づかないとわからない」程度には薄くなる効果が期待できるようです。

3. 毎日の「エクストラショット」に
まだシワも気にならないし、傷もないし... というあなたには、普段の保湿アイテムにカカイオイルを1滴混ぜるのがおすすめ。スキンケア力がグンとアップします。
またシャンプーやコンディショナーに混ぜると地肌に栄養を与えられるので、健康な髪が育ちます。


カカイオイル、実際のところ


私自身は寝る前の目元ケア、そしてネックケアとして、カカイオイル2本目突入しました。個人的にはローズヒップオイルより好きです。

シワが消えた!!と言うことはもちろんありませんが(笑)まず何よりローズヒップよりも香りが悪くない。
そして重いオイルながらも染み込みがとても良いのです。何が違うって、朝起きた時の目元のハリが違う。ヘビーでリッチ、だけどベタつかない.... 保湿力がカギのアンチエイジング系オイルとしては理想的と言えます。

どのオイル(原料)にせよ、「ミラクル」という称号は、マーケティング上の誇張を含む煽りタイトルだったりします。ですからカカイオイル、ホントにミラクルです!!とは私もちろん言いません....というか、言えません。

ミラクルとまではいかなくても、実力はキッチリある
ちゃんと仕事をしてくれるアイテムをプラスしたい人におすすめです。








© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.