THINX生理用ショーツ、本当のところ

新世代生理ショーツTHINX(シンクス)について「試用感、もう少し詳しく!!」というお問い合わせをいただきました。そうですね、前回サラッとしていたので、今回は結論として「THINXメインでいけるのか」という私見を語りたいと思います。


前回はこちら→
月経カップにサヨナラして、THINX生理ショーツに出会った



THINX一本でいけるのか


これには個人差があるとは思うのですが、1週間ほど生理期間があって、2日目・3日目が多くて......という生理最盛期中は難しいかも。THINXの多い日用デザイン、ヒップハンガーはタンポン2本分を吸収できるように設計されています。ヒップの上の方まで吸収体が入っていることから、多分ホントにできるとは思うんですよ。でもその2本分に到達する前に悲しいかな、脇の縫い目から漏れてしまうことが多々あるのです(私はね)。

それとやっぱり「ウェット感」は大なり小なり感じるので、漏れてなくても替えたくなる😅 そうなると多分一日に3回は最低替えたい。そして洗濯はいいんですが、乾燥に時間がかかるので最低6枚は欲しいところ........ ちょっと初期投資かかりすぎですね。

学生さんやお仕事してる方は履き替え用を持って外出しなくてはいけないわけで、それなら布ナプキンと大差ない。シミがつかないので(というか、黒いのでわからない・爆)汚れが目立たず長く使えそうな点はTHINXに軍配が上がりますが。

THINX、乾くのにかかる時間


使用済みTHINXを水を張ったバケツに入れ、水が透明になるまで押し洗いを数回繰り返してから、洗濯機でデリケート洗い(柔軟剤はNG←これ重要)。その後脱水を3回繰り返してから部屋干ししています。干すまでの脱水回数、そして部屋の乾燥度合いにも寄るかとは思いますが、夜8時に干しはじめ、朝には乾いてまた履けるようになっています。

私の場合、実際に「出血してる」と言えるのは1日半程。前後3日の色オリ日にはTHINX大活躍です。おりものシートやナプキンをつける必要ないし、何かが出てきても吸収してくれて(笑)サラッとした試用感なのでとても快適。でも数周期試してみて、出血中の1日半はやっぱり月経カップとの併用で落ち着きました。ウェット感があること、漏れもあったこと、そしてTHINXは経血量がわからないことがマイナスポイントでした。(やっぱり体のバロメーターとして、経血量は把握しておかないと)。

月経カップは経血が漏れることはないのですが、入れ替え時に少し汚れるのでやはり何らかのバックアップは必要なんですよね。そのバックアップとしての布ナプやオリモノシートが必要なくなり、ラクチンになりました。

 THINX、正直な感想


月経カップより敷居が低いのは確かだと思います。でも利便性や実際の機能から言えば、月経カップの勝ちかな、と。「洗って乾かす」手間もいらないし、慣れてしまえば漏れもない。コスト的にも一度買ってしまえば5、6年は持ちますし...... 私も生理開始前ダラダラ期の子宮の腫れさえなければ、おそらく月経カップ一筋で閉経を迎えたと思います。

結論として、月経カップやタンポンのバックアップとして優秀!と言えるかと。月経カップやタンポンの時、おりものシートを併用している人が多いと思うので、その代わりに。シートを替える手間が省けます...... うーん、それだけの用途にするにはちょっと高価すぎる?😅

でも私は結構好きです、THINX。
全面オーガニックコットンVerも発売され、ますます快適に。これで価格が下がってもっと買いやすくなったら、毎日THINXでいいんだけどな...... おりものシートがいらなくなります。

 THINX $10オフ!







こちらのリンクへジャンプ後、会員登録するとすぐに使える$10オフのクーポンがゲットできます。日本への送料が$9なので、クーポンを使うと送料無料になる感じですね。


1. 登録します(新規の方のみ)
2. 登録したメールアドレスに$10のディスカウントコードが送信されます(1回のみ使用可能です)


こんなメールが届きます。ピンクで囲んだ赤字がクーポンコードです。


3. 決済時にディスカウントコードを記入し、applyボタンを押すと10ドルオフになります






※このコードを使用することで、レリッシュアオテアロアにも$10オフのクーポンが発行されます




© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.