通販で度付きメガネを買う話…JINS編


6歳からメガネをかけ、16歳から25年ほどハードコンタクトレンズ使用。2年前頃からどうもコンタクトを入れると目がゴロゴロするようになり、眼鏡っ娘(四十路半ばで何を言う)に戻りました。





NZ暮らしでメガネ使用、何が不便かと言えばメガネの価格がとても高いこと。私は強度の近乱視のため「1セットNZ$169から!」と謳うチェーン店を使っても、フレーム代にプラスしてレンズ代360ドル程かかり、最終的に500ドル超えてしまうのです。

「お洋服を変えるようにメガネを変える」とはよく聞くセリフですが、一本500ドルもしてたら絶対無理😓 その上海外は日本と比べ過矯正気味で、強めの度数で作られるので500ドルかけて作って使えなかった経験も......。そのため帰国するとメガネを新調するのが慣いになっていました。

でも。
前回の帰国で作ったメガネ、悪くはないけどフレームの色がど〜〜〜〜も気に入らない。1年半経ってもどうもしっくりこない💧 そんな訳で日本のメガネ通販に再チャレンジすることにしたのでした。

「再チャレンジ」というのは、6年ほど前に一度挑戦しているから。その時は帰国中にメガネを作った眼鏡市場とJINS、そしてNZの眼鏡通販の3店で購入。もちろんどれも眼鏡市場で作った眼鏡の度数を使いましたが、すべ見え方が全然合わず「やはり通販ではダメか......」と返品したのでした。

あれから6年。(さあようやく本題ですよー笑)
どうしても新しい眼鏡が欲しい!特にこれからこちらは夏、度付きサングラスがいる!!ということで再チャレンジです。


度付きメガネ通販と実店舗に足を運んで購入することの違い


前回はなぜ合わなかったのか?
実店舗で購入することとの違いは何か?とよく考えてみたところ:

<実店舗で作成&購入の流れ>
視力検査

レンズを決める

フレームを決める

出来上がり後フィッティング


レンズを今のメガネと同じスペックにするとしたら、どう考えても一番大きな違いはフィッティングにあるとしか思えん、という結論に達しました。もちろんフレームが変われば見え方も変わってきますが、でもそれは実店舗で作る場合にも当てはまること。これを調整するのはフィッティングですよね?


いざ!JINSで通販メガネ注文!


今回はJINSを試してみることにしました。理由は:


  • 価格の安さ(今回は失敗盛り込み済みだったので😅)
  • 「VIRTUSIZE」というアプリで現在使用しているフレームとのサイズ比較がしやすい
  • フレーム検索のしやすさ
  • 返品、交換のしやすさ


本当はやっぱり眼鏡市場が良かったんです。レンズのメーカーが違うと見え方も多少違うという話も聞いていたし......でもあちらに私のデータがあるにも関わらず、処方箋がないとダメなんですよね。そしてOWNDAYS(オンデーズ)、Zoffはサイトが見にくくて断念しました。

フレームを決めて、レンズを決めて、注文ボタンポチ。眼鏡は一般医療機器にあたり海外発送はしてもらえないので、実家から転送してもらうことにしました。


JINSの落とし穴。たどり着けない屈折率1.74レンズ


そして届いた新しい眼鏡。まずはネット検索で見つけたセルフフィッティング方法を参考にしてフィッティング後、ドキドキしながらかけてみると.......

やはり微妙に見え方が違う。5分着用後頭痛開始😢

やっぱり通販ではダメなのか......と思いつつ、再度検索すると気になる情報が続々出てきたのです。曰く。

JINSでは一番高価な屈折率1.74のレンズはなかなか選ばせてもらえない

屈折率?!
現行メガネのデータを調べてみると、ガッツリ屈折率1.74!!
そしてJINSの新メガネは1.70!!
これか?!この差なのか?!

確かにJINSの購入ページでは、屈折率も含むレンズの情報は表示されるけど、購入者が選択するボタンなどはなく「最適なレンズでお作りします」としか表示がないわけですよ。

......これは手間がかかってもやるしかない。エアメール便で実家へ送り、実家からJINSへ転送してレンズ交換を依頼しました。


海外でお洒落メガネライフ、開幕



やはりキモは屈折率でした。
1.74にした新しいメガネ、見え方パーフェクトです。

フィッティングは今回こちらの眼鏡屋さんでちょっとやってもらったのですが、日本のような懇切丁寧な仕事はもちろん望むべくもなく、この程度なら自分でできるでしょ、というレベル😓 帰宅後自分で先セル、鼻パッドを思い切ってグイッと押し曲げて完了です。

同じ度数、同じ屈折率、そしてフレームサイズもほぼ同じであれば、通販で度付きメガネを買っても失敗は少ないかと思います。そして、JINSを含め「薄型非球面レンズを選んでも追加料金なし!」というメガネ通販で一番薄いレンズを希望する場合には注文時、注文ページのメッセージ欄などで「屈折率1.74のレンズで!!」と指定することが必須のようです。


度付き眼鏡も通販でイケる!!ということがわかってしまった今、眼鏡熱沸騰中。2本目度付きサングラスの到着を待っているところです😁









© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.