コモンセンスダイエットその3 〜Fitbit Altaが使える話

今回のコモンセンスダイエットのカギとなる活動量計。朝も昼も夜もず〜〜〜〜っとつけっ放しにすることを前提に、機能よりも見た目勝負で選んだのがFitbit Altaでした。今回はFitbit Altaのゆる〜いレビューです。





本気じゃない私がFitbitに求めるモノ


前回の「コモンセンスダイエットその2 〜デジタル時代のダイエットの巻」でもコメントした通り、走るでもなく泳ぐでもなく歩くでもなく、ただ単純に「食べ過ぎない」というだけの愚直なダイエット。そんな私には防水機能も心拍数カウント機能も無用の長物なので、ごくごくシンプルな機能を持ったエントリー機で十分すぎるほど十分。

そして「腕時計」としても使いたいので、スポーティ過ぎるデザインはちょっと避けたい.......。そこでバンドの交換ができて、女性のデイリー使いがウリのイメージのFitbit Altaに決定しました。



フィットビット fitbit 時計 fitbit Alta 7099



バンドはどうせ取り替えるので、正直なところ何色でも全く関係なし😁
私はリサーチの結果一番安かったAmazon UKで購入しました(バンドカラーによっても価格に差異があり)。そして購入ボタンポチの後すぐ、玉石混交甚だしいAliexpressへGo、"Fitbit Alta leather band"で検索かけて替えバンドを2、3本購入。まあAmazonや楽天で販売されている替えバンドのほとんどは、仕入れ元はAliexpressやwishなどの中国系サイトと思われるので、ヘボい梱包忘れた頃にやってくる(時には本当に届かない)配送さえ目をつぶればいいかな、と。そして届いたレザーバンドがトップ画像のもの。送料込み900円だったらいいと思いません?笑


消費カロリーはFitbit、摂取カロリーは私






Fitbit Alta生活の開始とともに、Fitbitアプリをダウンロード。まずは目標体重とそれを達成するためのプラン(毎日のカロリー収支)を設定します。消費カロリー(活動量)についてはFitbitがカウントしてくれるので、私の担当は摂取カロリーのインプット。食べたものをその度にインプットします。するとその時点でのカロリー収支が表示されます。





Fitbit Alta、私はとても気に入ってます。
そりゃもちろんどこまで正確なのか?とか(鍋を振りまくる炒飯作った日には歩数がなんか多かったりするし😅)タップしてもなかなか表示されないとか、スマホアプリとの同期の調子がどうも悪いとかありますが、許容範囲です。実際にFitibit Alta導入後から体重が減り始め、帰国前までの3ヶ月で5kg減。多少の誤差があったとしても、全く差し支えないと感じています。


>コモンセンスダイエットその4 〜やっぱり大事なのは意識改革の巻へ続く















© ナチュラル美人のつくりかた. Design by FCD.