POSTS SLIDER

I'm writing about...
  • 数秘術
    誕生日・名前から本質を読み解き、生きづらさを生きやすさに変える数秘術。12の数字の意味、それぞれの数字があなたにどう影響しているのかを、計算方法も含め初心者にわかりやすく解説します。
    Learn more
  • ナチュラル美容
    アラフィフ女性のためのナチュラルコスメを使ったスキン&ヘアケア。内側・外側から自分が幸せな肌を作る、ローコストで現実的な方法をお教えします。
    Learn more
  • ライフスタイル
    アラフィフの幸せライフに欠かせないのは知識と経験。自分らしく心地よく過ごすためのファッション、健やかな体と心を保つヒントなど
    Learn more

アマニ(亜麻仁)油より魚油。吸収効率のいいオメガ3系オイルとは

サプリを1種類だけ選びなさいといわれたら、迷わずオメガ3系の魚油を選びます。肌だけでなく体全体に働く上に、同じくオメガ3系の植物性オイル、アマニ(亜麻仁)油よりも吸収効率がいいからです。

アマニ油より吸収効率のいいオメガ3系オイルとは?

肌だけではなく、体全体に働くオイルだからです。さて、アマニ油(亜麻仁油/Flaxseed oil)。結論からいえばオメガ3、特にDHAの日常的/継続的な摂取が目的であれば アマニ(亜麻仁)油じゃなくて、もっと安価なフィッシュオイル(魚油) でいいんです。

10年程前に成人アトピーを発症したとき、色々と調べつつ「アトピーに効果がある」と言われる自然食品やアイテムを試しました。

そのときにアマニ油(亜麻仁油/Flaxseed Oil)も1年近くは毎日飲んでいました。効果があったかと聞かれれば、大してなかったと思うと正直に答えるしかないのですが😅その後ナチュロパス(自然療法士)の指導を受けて、今では脱ステ完了といえる状態がもう5年続いています。



アマニ油は遠回り?魚油なら細胞膜に直接取り込まれる

この頃、栄養学のエキスパートでもあるナチュロパスにアマニ油ではなく、魚油(フィッシュオイル)を摂る事を指導されていました。なぜ魚油?と訊ねたところ:
安価で効率がいいからよ。アマニ油も魚油も同じオメガ3系脂肪酸(ALA, EPA, DHA)を含むオイルなんだけど、魚油の方がおすすめなの。

なぜかといえば魚油は細胞膜に直接取り込まれるから。植物由来のオメガ3系オイルは、まずEPAとDHAに体内で変換されてから体に取り込まれることになる。

化学者はALAの長鎖脂肪酸への変換率は5〜15%程度だとしているわ。 これは同じ量のアマニ油と魚油を摂った場合、体に吸収される栄養素の差が出るということ。

アマニ油は高価だし続けないと意味がないから、ベジタリアンじゃないなら魚油をお勧めするわ。
とまあ、こういう回答だったのです。

食事やサプリから……摂取しやすいのも魚油です

実際のところ、大さじ1杯のアマニ油に含まれるEPA/DHAは850mgですが、100gのサーモンには1090〜1830mg*とのこと ……それなら毎日鮭弁食べるわ〜
摂取量を増やすには週に2〜3回はオイリーフィッシュ(鮭やマグロ、いわしやサバなど)を食べるのもいいですね。さらに亜麻の実を摺ってサラダにふりかける、スムージーやヨーグルトに混ぜるのもおすすめです。

もちろん肌だけじゃなく、体が喜ぶ食習慣になります。