BREAKING NEWS

マヌカ漬けの日々



ここ2週間程口内炎が多発、かつ治癒→再発を繰り返しています。

頬の裏の絵に描いたような口内炎、
そして舌先や脇の白くポツッとしたもの(これはカナリ痛い)、
上顎全体のヒリヒリした痛み……なんじゃこりゃ(- -:)

天然Worry Bug(心配性)機能を搭載している私、
もしやベーチェット病?または口腔ガンでは?!と不安になったりして……
その度おっちゃんに「食い過ぎじゃ」の一言で片付けられています(笑)

私はPMSが今回は口内炎に来たんじゃないかと思っているのですが。

さて、具合の悪いときには治癒に向けて「何か」していないと気がすまない。
今回はお馴染みマヌカオイルをチョイスしました。

マヌカはヘルペス性口内炎に高い効果を発揮するそうだし、
まあヘルペスじゃないにしても殺菌、消炎作用を持つので悪い事はないだろう……と(笑)

歯磨きの後、コップ一杯の水にオイルを一滴。
それを使ってのマウスウォッシュです。
 ぶくぶくうがいの後はついでにガラガラうがいも。
 風邪の予防にもなって一石二鳥かな。

最初の一、二回は口一杯に広がるマヌカにウッとなりますが(^^;
慣れてしまえばどうってことなし。
販のマウシュウォッシュのような強烈な清涼感(それどころか私は痛くて使えないのですが)とはまた違った爽やかさがあります。

マヌカオイルの情報ページには「口内の直づけもOK」と書かれていたので、
それも早速チャレンジしてみました。

指にオイルを一滴たらし、唇の裏側の口内炎にチョンチョン……大丈夫。

調子にのって、舌先の白いポツにも……まずい
当たり前と言えばそうなのだけど、キョーレツにまずい(爆)

でもまあ、毎度のことながら「良薬口に苦し」でしょうか(^^;

気になる効果ですが、正直に言うとよくわからないのです。

というのも、私これまで口内炎をそれほど気にした事がなく、
発見からどの程度の期間で自然治癒していたのかが不明なので、
比べることができないのです。

でも昨日の朝、唇の裏に「あれ、また復活?」と思い
(というのも、金曜日に出来て日曜にはほぼ完治した!と思っていたところだったので)、昼と夜にマヌカマウスウォッシュをして、昼間一度直づけをしました。

夕方にはびっくりする位立派に育っていたのですが(対して痛みはなし)、
夜寝る前にはピークを越え、ぷっくりと膨らんでいたのも今は8割方しぼみ、
ほぼ鎮静化……これってやっぱり効いてるんですかね???

それにしてもマヌカ、ラベンダーと並ぶ必需オイルになりました。

手を切っても擦りむいても、
ニキビやデキモノができても、
風邪をひいても筋肉痛になっても
取りあえずマヌカを使っとけば間違いないか……って感じです。

卒ステ、見通し一切たたず……




 ダーマウィートスプレー、だめでした


自然の恵みを自然のままに

あっと言う間に5月に入ってしまいました(あ、日本はゴールデンウィークでしょうか……いいなぁ~)。紫外線対策もこれからが本番、エコストアサンスクリーンリジェネレイトサンケアジェルのご注文が増えてきました。
新たに注文したサンスクリーンが届き、内容確認をしてビックリしました。
クリームが黄色い
実はこれまでにもこのクリームの色や香りにはムラがあり、販売開始した頃には「ピンクベージュっぽい」色味でした。それが最近はピンク味がなくなり、ただのベージュになっていたのですが……今回は明らかに黄色いのです。
しかしこれ、ケミカルフリーコスメにはよくあること。
原料である各種キャリアオイルやエッセンシャルオイルの香りや色は、植物の収穫シーズン、生産地、またはオイル搾取時の湿度などにより違いがでます。毎回どのバッチも同じ香り、同じ色……というのはケミカルを主原料としなくては実現できないのです。
エコストアの担当、Lizに確認してみると
そうなのよ、今回のバッチはキャロットオイルの色が強くて、黄色味が強く出てるのよ」との返答でした。
キャロットオイルはその効果だけでなく、服やタオルにも色移りする程自己主張の強いヤツ(ちなみに私はアトピー用オリジナルブレンドにキャロットオイルを加えたところ、布団カバーの顔にあたる部分が見事に黄色く染まりました^^;)、さもありなん……と納得したのでした。
ケミカルを加えずに作る100%ケミカルフリーコスメの出来は、言わば自然まかせ。「以前買ったものと色が違う」「今回は前よりも香りが強いかな……」ということは珍しくありません。
このことを考えると頭に浮かぶのは、こちらの野菜や果物。
日本に帰ると「うわ、ハズレだ!」と思う程まずい野菜や果物もない代わりに「自然の甘みやうまみがあって、今回は当たりだ!美味しい!!」と思うものも少ないように思うのです。これはやはり品種改良や肥料など育成方法をコントロールしているからなのでしょうか。
こちらでは、そりゃあ毎回パーフェクトな美味しい野菜や果物を食べたいけれど、消費者も生産者も「自然が作る物なんだから、当たりハズレがあるのは当然」と考えているのでしょうね。大当たりのことも、大ハズレのこともあります。
でも自然をコントロールできないのは当然のことだし、人様(この場合は自然ですね)が作った物を頂くわけだから、文句を言うのは行儀が悪い(笑)
このような「バッチによる違い」、野菜や果物と同じく、自然を肌で感じることができるケミカルフリーコスメならではの「味わい」のひとつとして私は捉えています。
 
Back To Top
Copyright © 2014 ナチュラル美人のつくりかた. Designed by OddThemes